明治維新から150年 今が行きドキッの佐賀!! 「肥前さが幕末維新博覧会」めぐり

肥前さが幕末維新博覧会めぐり

佐賀の幕末維新期の旅はココから メインパビリオン 幕末維新記念館

幕末維新期に活躍した4藩「薩長土肥」の一つ「肥(肥前)」は〝佐賀県〟です。平成30年は明治維新からちょうど150年。「肥前さが幕末維新博覧会(維新博)」で、日本の近代化を支えた佐賀の「技」「人」「志」はもちろん、食、アートも丸ごとを楽しんでください。今が行きドキッの佐賀です。

「『幕末維新』体感シアター」や「『技』からくり劇場」などのアトラクションで、佐賀の幕末維新期をギュッと凝縮して紹介してします。


詳しくみる!

藩校の学び体験 リアル弘道館

早稲田大学の創始者・大隈重信など多くの人材を輩出した藩校「弘道館」。デジタル判定でお叱りを受けることもある素読体験コーナーなどを紹介しています。


詳しくみる!

よりよく生きる言葉をあなたに 葉隠みらい館

現代にも通じる武士の心得や生き方を表した「葉隠」。自分にとって大切な言葉を知ることで、今をよりよく生きる”意思”を発見していくのが「葉隠みらい館」です。


詳しくみる!

佐賀城本丸歴史館

幕末・維新期の歴史が作られてきた佐賀城を忠実に復元した佐賀城本丸歴史館。木造の復元建築では日本最大級です。明治維新を先導した佐賀藩の技術や、藩主の鍋島直正など偉人たちを分かりやすく紹介しています。


詳しくみる!

最先端技術を生み出した佐賀藩の証がここに 徴古館

12代鍋島直映公が1927年に創設した県内初の博物館(国の登録文化財)。佐賀藩主・侯爵鍋島家に伝わる華麗で、歴史的にも貴重な品々を見ることができます。「幕末明治の鍋島家―大名から侯爵へ」展では伝来の品々を通して幕末から明治の鍋島家の歴史を紹介します。


詳しくみる!

鮮やかなオレンジが目印です オランダハウス

佐賀藩とつながりが深いオランダのアートやスイーツ、水辺テラスではマルシェ、裏十間掘川の川下りなど水のアクティビティが楽しめる空間です。オランダのクリエーターが創作活動や企画展を行います。ギャラリーは2カ月ごとに内容が変わります。


詳しくみる!

息づかいが聞こえてきそう!!100年前のアトリエを復原 佐賀県立博物館 佐賀県立美術館 岡田三郎助アトリエ

佐賀が生んだ日本近代洋画の巨匠・岡田三郎助の作品を常設する佐賀県立美術館博物館の敷地内に、東京・恵比寿に残っていたアトリエと女子洋画研究所を移築オープンしました。女性洋画研究所内では博物館のカフェから持ち込みができ、雰囲気をゆっくり満喫できます。 ※復原→改築で変化した建物を元の姿に戻すこと 


詳しくみる!

心躍る器と料理のマリアージュ ユージアムサガ

明治期、鹿鳴館で使われた幻の器を復刻した明治伊万里や人間国宝、三衛門の器と、佐賀の旬な食材をふんだんに使った特別な料理がお皿の上で美しいアートを描き出しています。もちろんインスタ映え間違いなし。


詳しくみる!

この記事もオススメ