おしゃれカフェから最新アートまで!佐賀駅周辺のおすすめデートスポットに注目♪

佐賀駅周辺のおすすめデートスポット

SAGA MADO

佐賀県の新しい観光拠点で楽しく情報収集!特産品も要チェック!

JR佐賀駅から徒歩1分、コムボックス佐賀駅前に2020年6月にオープンした、佐賀県の観光・県産品の情報発信拠点「SAGA MADO」。観光案内所としての機能はもちろん、県内の特産品を多数そろえ、不定期で企画展示なども行い、地元民から観光客までいつでも気軽に利用できる新スポットです。今回は、佐賀県庁のアートプロジェクト「星空の庭園」を目がけてここからスタート!

「SAGA MADO」とは、佐賀市観光協会とさが県産品流通デザイン公社がタッグを組み、佐賀県全域の情報や魅力をワンストップでキャッチできる施設です。観光カウンターでは、コンシェルジュが常駐しているので、「目的地周辺のおすすめスポットを知りたい」「2日間でできるだけ佐賀観光したい」などの要望に合ったプランやスポットを提案してくれます。2021年3月末までは、割安の貸切タクシー「SAGA つながるTAXI」も利用可能。佐賀市内の主要観光地をめぐるコースや佐賀の歴史をめぐるコースなど、コンシェルジュと相談しながらコースを決めていくサービスなので、気になる人は気軽に問い合わせてみましょう。
また、佐賀の県産品も注目。唐津焼や肥前びーどろといった工芸品から、バイヤーが厳選した豊富な食品や加工品も並んでいます。300種以上の県産品をゆっくりと見て回りながら、お気に入りを見つけてみるのもいいですね。
店内には、至る所に2mサイズのイラストが描かれ、カウンターは偉人のイラストが入った飛沫防止シートが設置されています。遊び心を利かせながらも感染対策は万全。佐賀の新しい魅力を発見しに訪れてみてはいかがでしょうか。


観光カウンターでは、コンシェルジュが丁寧に佐賀観光のプラン作成をサポートしてくれます


新商品や珍しいものまで、バイヤーが厳選した特産品もじっくりと見てまわりましょう!


美しい工芸品の数々も間近で見ることができます


「2m級SAGA」と題して、ソーシャルディスタンシングを表現する2mの大きさがわかるユニークなイラスト


佐賀県の観光・県産品の情報発信拠点「SAGA MADO」

スポット情報
名称:SAGA MADO
所在地:佐賀市駅前中央1-4-17 コムボックス佐賀駅前1F
営業時間:9:00〜18:00(県産品販売は10:00〜20:00)
休:なし
P:なし(佐賀駅南口暫定駐車場あり/最初の30分無料)
HP:https://sagamado.jp

NANAROKU pain(ナナロクパン)

毎日食べたい個性豊かな“無添加パン”が勢揃い!

2020年4月にオープンしたベーカリー。大きな窓から暖かい日差しが降り注ぐ店内には、無添加にこだわったパンがずらりと並んでいます。3階にあるカフェではイートインも可能。ちょっとした休憩にも使える、おしゃれなパン屋さんを覗いてみました!

JR佐賀駅から中央大通りを南へ進み、徒歩10分のところに佇む「NANAROKU pain」。オーナーの堀川成正さんが手がけるパンが常時約50種ほど並んでいます。八女の梅野製粉をはじめとする国産小麦、マーガリンではなくバター、そして添加物を使わないなど、素材にこだわったパンばかりです。また、人気カレー店「旅するクーネル」のカレーを独自でアレンジしたチキンカレーを包んだカレーパンなど、フィリングもすべて手作りというのが店の基本。一個あたり少し小ぶりでリーズナブルだから、あれこれ食べ比べしやすいのもうれしいですね。
3階のカフェ「orutana(オルタナ)」ではイートインも可能です。コーヒーやソフトドリンク、自家製のプリンやホットドックもあり、カフェのみの利用もOK。隠れ家のようなカフェだから、散策の合間に一息入れるのに最適ですよ!


真ん中手前から時計周りに、特製アイシングクリームが乗ったシナモンロール、人気のメロンパン、明太フランス、カレーパン


小ぶりのパンが多いから、いろんなパンを食べ比べしてみましょう♪


スタイリッシュな店内には焼きたてのパンがずらり


ビルの3階にあるカフェ「orutana」では、カフェ利用はもちろん、不定期でイベントなども行われるそうです


大通りに面した外観

スポット情報
名称:NANAROKU pain
所在地:佐賀市唐人2-2-1 LINKTOWN1 1F(orutanaは3F)
営業時間:9:00〜18:00
休:月曜、第2・4日曜(orutanaは月曜のみ)
P:なし

TSUITACHI COFFEE & TEA

佐賀銘菓とのコラボも!おしゃれ&カジュアルなコーヒースタンド

「NANAROKU pain」から徒歩すぐのところにあるコーヒースタンド。趣向を凝らしたドリンクやフード、地元の銘菓とコラボした新感覚のスイーツもあり、店内やテラスでのんびり過ごすことができます。

「古き良きに新しい光を」をコンセプトに、嬉野茶や羊羹といった佐賀の昔ながらの味を活かし、若者にも親しまれるように昇華させた商品が魅力です。特に、羊羹の老舗「橘屋八頭司羊羹本舗」と共同で開発した「とろーり羊羹」が人気。味わいはそのままにとろっとした状態にすることで、クラッカーやバニラアイス、トーストなど、味のアクセントとしていろんな料理に使えるのがポイントです。とろーり羊羹を使ったカフェメニューでぜひ新たな発見を!
そのほか、佐賀銘菓の「逸口香(いっこっこう)」、一口サイズに加工した「ザクザク羊羹」などの甘味も充実。嬉野の煎茶やほうじ茶、オリジナルブレンドコーヒーはこれらの甘味と合うように作られているので、ドリンクとスイーツとのペアリングもお楽しみに。お茶を使ったオリジナルのパフェだったり、ボリューム満点のカフェフードもあり、食事利用にも便利。まさに、「故きを温ね新しきを知る」そんな心温まる空間でした!


左から、甘さ控えめのコーンに野菜、肉、パスタが詰まった「ツイタチコーン ナポリタン」、ドリップコーヒー、チーズととろーり羊羹が絶妙にマッチした「甘じょっぱチーズ」、嬉野お煎茶(アイス)


晴れた日はテラス席で気持ちよく過ごすことができます


店頭では、佐賀銘菓とコラボした商品を販売

ビル内には、同社が運営するスポーツジムとレンタルスペースが入っています


カウンター席のほか、奥にはテーブル席も完備

スポット情報
名称:TSUITACHI COFFEE & TEA
所在地:佐賀市唐人2-4-2
営業時間:12:00〜20:45(LO20:30)、水曜は12:30〜20:45、土日祝は10:30〜18:00(LO17:45)
休:木曜
P:なし(近隣に有料P(イーパーク唐人Ⅱ、唐人南パーキング)あり/利用料金1,000円以上で1時間駐車無料)
HP:https://tsuitachi-coffee-and-tea.com

アート県庁プロジェクト「星空の庭園」

ワクワク&うっとり!魅力的な仕掛けがいっぱいの“県庁アート”を徹底紹介!

今回で5年目の開催となる「アート県庁プロジェクト」。2020年度のテーマは「星空の庭園」。佐賀県庁展望ホールには、撮影スポットや思わず見惚れるプロジェクションマッピングなど、見どころがいっぱい!佐賀市内の夜景とともに、最新アートを堪能しましょう!

佐賀県とクリエイティブカンパニー「ネイキッド」が共同で作り上げる「アート県庁プロジェクト」。今年は「星空の庭園」と題して、2020年9月4日からスタートし2021年2月28日まで開催されます。会場となる展望ホールには5つのアートスポットが出現し、来場者を楽しませてくれます。まず最初に出迎えてくれるのが、大きなフォトアルバムで佐賀県に咲く花々を映し出す「Prologue」。続いて、花のアーチとともに記念撮影ができるフォトスポット「Twinkle Photo Spot」、大きな窓を使って四季の移り変わりを表現するプロジェクションマッピング「Star Garden Show」、床を使った遊べるアート「Bloom Bloom」、そして、花と映像の趣向を凝らした空間でオリジナルドリンクを楽しめる「Secret Flower Lounge」へと続きます。映像、香り、音楽、ドリンクなど、楽しめる要素満載のアート空間。週末は混雑するため、平日の比較的落ち着いた曜日や時間帯を狙うなど、自分たちのペースでゆっくりと鑑賞するのもおすすめですよ!


大きな窓と廊下を利用した「Star Garden Show」。夏から春まで、季節ごとのプロジェクションマッピングはもちろん、季節ごとにアレンジした花の装飾と香りの演出も必見です!


「Bloom Bloom」は、床に映しだされた島を踏むと花が出現するという、特に子供に大人気のコンテンツです。


オリジナルドリンクは2種類を用意。嬉野紅茶を使ったドリンク(左)とキウイフルーツと緑茶のドリンク(右)は、どちらも佐賀県の特産品をアレンジした一杯。ドリンクなしのチケットを購入していてもレストランで別途購入可能。※ドリンクの内容は変更となる場合があります


「Secret Flower Lounge」では、アートと夜景を眺めながら、ゆっくりと限定ドリンクを楽しむことができます。


「Twinkle Photo Spot」では、アーチに投影されている花の映像とともに写真を撮ることができます!

スポット情報
名称:アート県庁プロジェクト「星空の庭園」
所在地:佐賀市城内1-1-59 佐賀県庁 展望ホール(SAGA360)
営業時間:18:30〜22:00(最終入場21:30)
期間:〜2021年2月28日(日)まで
休:なし
料金:小学生以上500円、ソフトドリンク付き1,000円
P:佐賀県庁駐車場
HP:https://saga-art.jp/hoshizoranoteien/

天ぷら 千鳥

カウンターや個室でしっぽりと。佐賀の美食に舌鼓。

「アート県庁プロジェクト」を満喫した後は、一献しながら1日の余韻に浸るのもいいですね。中央大通りの中程にある「天ぷら 千鳥」で、地元の厳選食材を駆使した逸品の数々と地酒を味わい尽くしましょう!

蔵のようなどっしりとした外観が目印。店主の平川知裕さんが開業して今年で13年ほど、この地に移転して3年という「天ぷら 千鳥」。平川さんはさまざまなジャンルの料理を経験し、この天ぷら懐石に辿り着き、今では地元の良質な食材を中心とした和食作りと日々向き合っています。メニューはコースを主体とし、6,000円、8,000円、10,000円のコースで、その内容は旬を意識した構成が魅力です。この日いただいたのは、白石れんこんやいろは牡蠣、蕾菜の天ぷら、イカしゅうまいなど、佐賀県が誇る食材を使った逸品ばかり。万齢(小松酒造)や東鶴(東鶴酒造)といった地酒とともに一品一品をじっくりと愉しむことができました。
厨房と中庭の眺めが最高のカウンターはもちろん、雰囲気抜群の個室もあり、お一人さまや大切な人との会食などいろんなシーンで使いたくなるお店ですよ!
「SAGA MADO」からはじまり、カフェや県庁のアート、佐賀食材を堪能できる懐石料理と、とっても充実した佐賀駅周辺散策でした!まだまだ見どころはたくさんありますので、またのリポートをお楽しみに!


佐賀県食材を使った逸品が並ぶコースの一例。10,000円のコースには佐賀牛が付きます


2階の個室。古民家のようなしっとりとした雰囲気でゆっくりくつろげます


ベンガラ色の外観が目印

スポット情報
名称:天ぷら 千鳥
所在地:佐賀市唐人2-2-10
営業時間:18:00〜23:00(LO22:30)
休:日曜、祝日の月曜
P:なし

Tweet