【国道203号沿い】道の駅厳木「風のふるさと館」(唐津市)

北には1000mを超す秀峰・天山や作礼山(さくれいざん)、南には女山など周囲を山々に囲まれた静かな谷間(たにあい)の里・厳木町(きゅうらぎまち)。道の駅厳木は、そんなのどかな山村の風景や雰囲気が味わえる場所にあります。吹き抜ける風が強いのは谷間ならでは!!地元では「風のふるさと」と呼ばれています。
物産館には約100の地元契約農家が育てた新鮮な野菜や手作りの加工品などがずらり。食事処ではうどんなど素朴な味が楽しめます。自慢は品物だけでなく、地元の人たちの温かさ。谷間で田舎の良さを感じてください。

※この情報は2019年2月時点のものです。

  • 契約農家から旬の野菜や果物が、1年を通して約30種類が届きます。

  • 葉ものはほぼ毎日入れ替えるので、いつ来ても新鮮です。

  • しいたけ原木で育ったしいたけは、大きくて柔らかくジューシー。軽く焼いてからしょう油を垂らして食べると美味!

  • レジの後ろで湯気を出しているせいろの中身は…温泉卵です(1個50円、JAFカード提示で3個100円)

  • 種類が豊富な惣菜パンは、地元人にも観光客にも人気。

  • 地元農家の婦人たちが地元でとれた小豆で手作りする「佐用姫だんご」。

  • 添加物を使わないので安心で、素朴な味わいが嬉しい「よもぎ餅」や「石垣饅頭」も召し上がれ。

  • 厳木の隣町・多久市岸川地区の名物「岸川まんじゅう」。大きくて食べ応えがあり、ずっと変わらない味が人気の秘訣です。あん入りとあんなしがあます。

  • 厳木町出身の画家、中島潔さんのポストカードやカレンダーも揃っています。

  • 厳木のシンボル・佐用姫(さよひめ)像。高さ14mと巨大な像は15分間で1回転します。佐用姫は厳木町笹原の長者の娘。朝鮮半島へと向かう夫・大友狭手彦(おおともさでひこ)との別れが悲しくて、夫が乗る軍船に領巾(ひれ)を振り続け、最後は石になったという伝説があります。

  • 隣接するお店では、うどんやカレーなど軽食が食べれます。ソフトクリームも人気!

  • 観光スポットなど地域の情報をゲットできる休憩室。厳木ダムについても、詳しく紹介しています。

人気売上げベスト3

  • 【第1位】温泉卵

    厳木温泉の温泉水で蒸した卵の白身は、あら不思議!黄色っぽく色づいています。

  • 【第2位】山中さんの豚足

    「山中さんの豚足」はお土産としても好評です。コラーゲンたっぷりでお肌つやつやに!!(2個入り330円)

  • 【第3位】ゆずごしょう

    自然豊かな厳木町特産のゆずとこしょうを使って作るゆずごしょう。無添加です。

周辺のおすすめスポット

  • 環境芸術の森

    小さな滝とせせらぎや自然石の配置が絶妙で、秋になると、1万本を超える紅葉が深紅、黄緑色とりどりに谷を錦に染めます。新緑の5月は新緑が鮮やか。

  • きゅうらぎ温泉 佐用姫の湯

    唐津市厳木町内にある総合保養施設。県内屈指の単純アルカリ泉で疲労回復、肩こり、冷え症、神経痛などに効果があるとか。大浴場、檜風呂、薬湯、サウナのほか、館内には、250名収容のイベントホール、和室(3室)の施設もある。家族風呂に水入らずで入るのもお薦め!

  • 道の駅 厳木「風のふるさと館」

    所/唐津市厳木町牧瀬692-1
    営/物産館8:00~18:00(12月31日は15:00まで)、食堂11:00~16:00(L.O.)
    休/1月1日~2日、食堂は月曜(祝日の場合は翌日)
    駐/50台、大型バス3台
    トイレ/身障者用、オストメイト、おむつ替えシート(女性トイレ)
    問/TEL.0955-63-3737

    WEBサイト
    アクセス/【JR】唐津線厳木駅からタクシーで約5分【車】長崎自動車道多久ICから約10分

Tweet