深まりゆく秋 佐賀の紅葉めぐり①

深まりゆく秋 佐賀の紅葉めぐり①(基山町、鳥栖市、みやき町、神埼市、佐賀市、小城市、多久市)

真夏から一気に晩秋へと進んだような昨今。朝晩は冷えるようになりましたね。「熱気球大会」や「唐津くんち」が終わり、次の楽しみは紅葉めぐりです。紅葉の名所では、それぞれに趣向を凝らした「紅葉まつり」が行われます。今月は2回にわたり、佐賀県内の紅葉スポットへとご案内します。

※この情報は2016年11月時点のものです。
※紅葉の見頃は気候により変化します。事前に確認をお願いします。

【基山町】大興善寺(だいこうぜんじ)

紅葉だけでなくイベントも楽しい 大興善寺

 佐賀県と福岡県の県境にあるのは、1300年近い歴史を持つ古刹・大興善寺(だいこうぜんじ)。天台宗の寺院で、春はツツジが美しく「ツツジ寺」として知られますが、秋は紅葉のスポットとして注目されます。というのも、契山(ちぎりやま)の麓にヤフオクドーム(7万平方メートル)より広い7万5千平方メートルという広大な山林庭園が広がり、モミジをはじめとした木々が美しい色を見せてくれるからです。最近では「恋人の聖地」に選ばれていることからカップルにも人気です。
 11月18日(金)から紅葉のライトアップが始まり、「重要文化財特別公開」や「もみじコンサート」「天台声明公演」などのイベントが予定されています。園内はややアップダウンがあるため、歩きやすい格好でお出かけください。


イロハモミジを中心に約500本のモミジが広大な山林庭園を彩ります。山の起伏を利用しており、下から眺めても上から見下ろしても綺麗。


ライトアップは6日間限定。夜の幻想的な風景も素敵です。「恋人の聖地」でロマンチックなデートを楽しんで。


契山の伝説にちなんで「恋人の聖地」に認定。山頂には「最強金属で作ったハートのプレート」も。告白やプロポーズの場にもぜひ。

DATA
大興善寺

〇期間:開園中~2016年12月上旬 8時30分~日没 ※紅葉ライトアップ: 11月18日(金)~23日(祝・水)、26日(土)、27日(日)17時~20時
〇ところ:佐賀県三養基(みやき)郡基山町大字園部3628
〇料金:大人500円・子ども300円
〇内容:重要文化財特別公開(11月18日~27日)、もみじコンサート(11月19日はシャンソン、11月20日は琵琶、尺八、三味線)、天台声明公演(11月23日)、大興善寺きものの日(11月23日)、JR九州ウォーキング(11月27日)、ちぎりの里まつり(11月27日)、三養基高校吹奏楽部コンサート(12月3日)
〇アクセス:(車)九州道筑紫野インターから約15分、または長崎道鳥栖インターから約15分
     (電車)JR基山駅から車で約7分。※11月18日(金)からJR基山駅前から大興善寺まで直行臨時バス運行。
〇駐車場:有料駐車場あり(普通車300円、マイクロバス500円、大型バス1000円、シーズンオフ100円)
〇お問合せ:大興善寺 TEL0942-92-3939
※参考:基山町観光協会ホームページ

【鳥栖市】大山祇神社(おおやまずみじんじゃ)

地元に愛されている鎮守の森のライトアップ 大山祇神社

 九千部(くせんぶ)山の中腹、田んぼの広がる静かな地にひっそり佇む大山祇(おおやまずみ)神社。古くから地域を見守ってきた神様で、地元の人々から大切にされてきました。周辺をケヤキやイチョウ、イロハモミジが囲み、鎮守の森として愛されています。宅地化が進んだ現代でその景観は今や貴重であり、「22世紀に残す佐賀県遺産」にも認定されています。
 その神社が華やかさを増すのがこれからの季節。森の木々が色づき、いっそう美しい景観を見せてくれます。また、11月19日(土)~20日(日)にはライトアップを実施。薄暗がりに浮かびあがる木々が、神社境内へ続く竹灯籠の灯りとともに幻想的なシーンを演出します。
 また、ライトアップ初日の11月19日(土)には、大山祇神社近くの「コカ・コーラウエスト鳥栖市民の森」で「紅葉ふれあいイベント」が開催されます。こちらの紅葉も要チェック! この日は同市民の森から神社までシャトルバスが運行されます。昼は森林イベントを楽しみ、夕方から神社へ出かけましょう。


「22世紀に残す佐賀遺産」に認定された大山祇神社。神社境内には大木、古木が立ち、静かな中にも威風堂々とした趣があります。


「コカ・コーラウエスト鳥栖市民の森」も紅葉します。近くに「とりごえ温泉栖の宿」もあり、森で遊んだ後は温泉でリフレッシュ!


「コカ・コーラウエスト鳥栖市民の森」で「紅葉ふれあいイベント」が開催されます。スタンプラリーは新米などの参加賞がありますよ。

DATA
大山祇神社

〇期間:2016年11月19日(土)・20日(日)17時30分~21時
 ※19日17時30分から点灯式、ステージイベント、だご汁のふるまい実施。
〇ところ:佐賀県鳥栖市河内町2180(河内ダムから北へ約1km)
〇アクセス:(車)長崎道鳥栖インターから約25分。(電車)JR鳥栖駅から車で約15分
〇駐車場:なし  コカ・コーラウエスト鳥栖市民の森に駐車(無料シャトルバスあり)
※地元の方々がボランティアで交通案内をしています。通行はお気を付けください。
〇お問合せ:鳥栖市商工振興課TEL0942-85-3605

コカ・コーラウエスト鳥栖市民の森「紅葉ふれあいイベント」
〇期日:2016年11月19日(土)13時30分~16時30分
〇ところ:佐賀県鳥栖市河内町
〇内容:木工工作コーナー(先着100名)、市民の森スタンプラリー(先着100名、鳥栖産新米など参加賞あり)
〇アクセス:(車)長崎道鳥栖インターから約25分。(電車)JR鳥栖駅から車で約15分
〇駐車場:無料あり
※大山祇神社ライトアップ会場まで無料シャトルバス運行(30分に1本)
〇お問合せ:鳥栖市農林課 TEL0942-85-3563
※参考:鳥栖観光コンベンション協会ホームページ

【みやき町】秋に咲くひまわり 山田ひまわり園

ひまわりが秋に!? 咲くんです! 山田ひまわり園

 最近にわかに脚光を浴びているのが、三養基郡みやき町で咲く「秋のひまわり」。中山間地を荒廃させてはいけないと、町のシンボル鷹取山(たかとりやま)を借景に、15年ほど前から地元の人々が棚田を整備してひまわり園をつくりました。インパクトを与えようと、夏ではなく秋に咲くようにしたのだとか。当初2万本だったひまわりも、地元の皆さんの熱心な手入れによって今では約6,000平方メートルの敷地に10万本が咲くほどになりました。
 真っ赤なケイトウとのコントラストも見事。ひまわりの向こうには、鷹取山のハゼの紅葉も見え、山里ののどかで美しい光景が見られます。11月19日(土)にはミニコンサートがあり、11月27日(日)までの毎週土・日・祝日には地域の特産品販売や軽食コーナー、無料バルーンアートコーナーも設けられます。
見ごろは11月中旬。お早めにお出かけください。


今年は気温が高く、開花はやや早め。大人の背丈ほどの背高のっぽのひまわりや顔より大きな大輪の花など、間近で見ると迫力がありますね。


赤いケイトウと黄色いひまわりのコントラストが見事。展望台からも見ることができ、ビュースポットはあちこちにあります。


ひまわり園から車で約5分の距離にある「綾部神社」はイチョウの紅葉が綺麗。お土産には名物「綾部のぼたもち」をお忘れなく。

DATA
山田ひまわり園

〇期間:開園中~2016年11月27日(日)
 ※11月12・13・20・21・23日は特産品販売、軽食、無料バルーンアートコーナーあり。11月19日(土)14:00から、ひまわりミニコンサート(アルモニア管弦楽団有志)開催。
〇ところ:佐賀県三養基郡みやき町大字蓑原(山田地区)
〇料金:管理・清掃協力金として1人100円
〇アクセス:(車)川久保線(県道31号線)綾部東交差点を北へ車で3分
〇駐車場:10台程度。満車の場合は約300m手前の山田水辺公園駐車場をご利用ください。
〇お問合せ:みやき町観光協会 TEL0942-96-4208
※参考:みやき町観光協会ホームページ

【神埼市】九年庵(くねんあん)

9日間だけ一般公開 九年庵

 今や秋の佐賀の風物詩となった「秋の九年庵 一般公開」。今年も11月15日(火)から公開されることになりました。
 九年庵は、佐賀の大実業家・伊丹弥太郎が明治25(1892)年に造った数寄屋造りの別荘と、明治33(1900)年から9年間かけて築いた庭園です。九年庵とは、元来、当時の14坪の茶室(現在は解体)を指し、庭園の築造に9年もの歳月を費やしたことから、このように呼ばれます。
 山を背に6,800平方メートルの庭園が取り囲み、134本に及ぶモミジ類とのコントラストも見事。足元には、約40種類というコケ類がまるでじゅうたんのように広がります。
 九年庵のそばにある仁比山(にいやま)神社もモミジの古木が多く、隠れた紅葉のスポット。九年庵と一緒に観賞しましょう。


九年庵は、その名のとおり9年の歳月をかけて造られた庭園と別荘です。飛び石と階段の多い庭園なので、鑑賞する際は足元にお気をつけて。


九年庵のすぐそばにある仁比山公園。神社は農業の神を祀り、「山王さん」と呼ばれています。本殿裏には水も湧いています。


仁比山公園の愛逢橋を渡ったところに整理券を配布する本部テントがあります。この橋は、渡れば縁が結ばれ愛が育まれるという縁起のいい橋です。

DATA
秋の九年庵 一般公開

〇期間:2016年11月15日(火)~23日(祝・水)8時30分~16時
〇ところ:佐賀県神埼市神埼町的1696
〇料金:美化協力金300円(中学生以下無料)
※入園には入園整理券が必要です(当日8時頃から本部テントで配布します。人数か多い場合、配布を早めに中止する場合もあります)
〇アクセス:(車)長崎道東脊振IC下車。(電車)JR神埼駅に特急列車が臨時停車。神埼駅から臨時バス(PDF)運行。
〇駐車場:吉野ヶ里歴史公園臨時駐車場(西口交差点そば、約800台、500円)を利用。臨時駐車場から仁比山公園までシャトルバス(PDF)運行。
※参考:交通マップ(PDF)
〇お問合せ:神埼市観光協会 TEL0952-37-0107
※参考:神埼市観光協会ホームページ

【佐賀市】三瀬ルベール牧場 どんぐり村

フランスの田舎を思わせるのどかな風景 三瀬ルベール牧場 どんぐり村

 標高450mの三瀬高原にある三瀬ルベール牧場 どんぐり村。75万平方メートルの広大な草原にフランスの田舎の風景を模してできた牧場で、牛舎や鶏舎、馬小屋などに約20種類の動物たちが暮らします。秋は木々が紅葉し、それはまさに癒しの空間。のんびり眺めているだけで、ココロが穏やかさを取り戻していくことでしょう。
 園内では、さまざまな体験をすることもできます。女性におすすめは、「ハイジを思い出す溶けるチーズと暖炉体験」(要予約)。アニメ『アルプスの少女ハイジ』のハイジになったつもりで、暖炉の火でチーズを溶かし、パンに塗って食べることができます。
 その他にも、「生キャラメル作り」や「バター作り」「ソーセージ作り」体験などがあり、オトナも十分楽しめます。ジャージー牛乳やパン。ワインなど、美味しいものもいっぱい。買い物の楽しみもありますよ。


温もりのある暖炉でチーズを溶かし、パンにつけて味わいます。暖炉の火って、心和みますよね。もちろんチーズの味も「美味しい~」と誰もが絶賛!


秋はススキの群生が広がります。太陽の光により、一面が銀色に染まる風景はここならでは。天気が良い日は草原にシートを広げ、ピクニックを楽しんで!


木々の紅葉も見られます。広大な敷地だから、エリアによって見える景色はさまざま。好きなスポットを探してくださいね。

DATA
三瀬ルベール牧場 どんぐり村

〇ところ:佐賀市三瀬村杠2234-67 
〇時間:10時~17時(12月以降は16時まで)
〇休み:12月の毎週水曜、年末年始、1月10日~2月末の平日
〇料金:大人500円・子ども200円・3歳以下無料
〇アクセス:(車)長崎道佐賀大和インターから約25分。(電車)JR佐賀駅から車で約35分
〇駐車場:無料あり
〇お問合せ:三瀬ルベール牧場 どんぐり村 TEL0952-56-2141

【小城市】清水の滝(きよみずのたき)

1万本の竹灯篭が幻想的な世界へ誘う 清水の滝

 「九州の小京都」と呼ばれる小城市。その象徴的なスポットが清水(きよみず)の滝です。落差75mの崖を水が垂直に流れ落ちるさまは美しく、別名「珠簾(たますだれ)の滝」と呼ばれます。
 紅葉のシーズンは、この滝の周辺に1万本を超える竹灯篭が飾られ、幻想的な雰囲気を醸し出す「清水竹灯り」が開催されます。真っ暗な山道の中に突如、光の川のような風景が現れ、訪れる人を異空間へといざないます。職人さんが趣向を凝らしたオブジェも各所に並び、こちらにもご注目ください。
 それに、このエリアは鯉料理が有名。期間中、5軒の宿泊施設・飲食店で「あったかフェア」を開催します。散策後は鍋料理で温まりましょう。
 また、小城市と言えば、小城羊羹を忘れてはいけません。11月20日(日)には、小城市内外の25店舗が一堂に会し、「日本一!ようかん祭り」を開催します。これだけの店舗が1カ所に集まるのは初めてのこと。食べ比べしてみてね!


「清水竹灯り」は、「清水の滝」周辺を1万本の竹灯篭が彩ります。灯篭の意匠はさまざま。組み合わせや並べ方にも工夫が凝らされています。


足元のゆらゆら揺れる竹灯篭に誘われるように歩くと、ライトアップされた滝が...。修験の滝としての厳しさもこの時期は身を潜めています。


11月20日、小城羊羹の25店舗が勢揃いして「ようかん祭り」を開催。羊羹とひと言で言っても店舗によって少しずつ違うんですよ。好きなものを見つけてね。

DATA
清水竹灯り

〇期間:2016年11月19日(土)~27日(日)18時~21時30分(土曜、22日は22時30分まで)
〇ところ:小城市・清水の滝周辺
〇料金:協力金として1人500円(中学生以下無料)
〇交通:(車)長崎道佐賀大和インターから車で約20分。(電車)JR小城駅から車で約15分。
〇駐車場:小城公園、小城公民館、ホタルの郷に駐車。会場まで無料シャトルバス運行。
※11月19・20・23・26・27日はボートピア三日月から無料シャトルバス運行。
〇お問合せ:清水の滝ライトアップ実行委員会 TEL0952-37-6129
※「日本一!ようかん祭り」は11月20日(日)、ゆめぷらっと小城(小城市小城町243-21)で開催。
※参考:小城市ホームページ

【多久市】多久聖廟・西渓公園(たくせいびょう・せいけいこうえん)

貴重な多久聖廟の特別一般公開は必見!紅葉の美しい西渓公園

 多久市の紅葉スポットは西渓公園。多久出身の石炭王・高取伊好(たかとりこれよし)が13年かけて整備した山水公園で、約400本のモミジが一帯を染め上げます。
 11月12日(土)から「孔子の里 紅葉まつり」が開催され、毎週末にライブや郷土芸能などステージイベントが行われます。20日(日)の「もみじgarden market2016」は、ハンドメイドの雑貨や手づくりパン、焼き菓子などが販売されますよ。
 公園そばの多久聖廟では、11月19日(土)・20日(日)・23日(祝)、普段入ることのできない正面の扉が開き、廟内でガイドによる説明が行われます。いつもは見ることのできない孔子像や美しい天井絵を見るチャンスです。


石炭王・高取氏が私財を投じて整備した西渓公園。その広さと園内の堂々と立つ建築物は石炭隆盛期の威光を感じさせます。


「紅葉まつり」期間中、公園内の国指定登録有形文化財「寒鶯亭」(かんおうてい)が休憩所として特別開放されます。


西渓公園から徒歩10分の多久聖廟。3日間限定で廟内が特別一般公開されます。この日はガイドさん(無料)が説明してくれますよ。

DATA
孔子の里 紅葉まつり

〇期間:2016年11月12日(土)~23日(祝・水)10時~16時
〇ところ:西渓公園(佐賀県多久市多久町1975-1)、多久聖廟周辺(佐賀県多久市多久町1837-1)
〇料金:無料
〇アクセス:(車)長崎道多久インターから約15分。(電車)JR多久駅から車で約10分
〇駐車場:多久聖廟大駐車場及び、周辺臨時駐車場
※11月12・13・19・20・23日は多久聖廟~西渓公園を無料シャトルバス運行。
〇お問合せ:多久市観光協会 TEL0952-74-2502、多久市商工観光課 TEL0952-75-2117
※参考:多久市観光協会ホームページ

Tweet