日本三大朝市〝呼子朝市〟に出かけよう ~イカ漁で知られた呼子は、人との触れ合いがおいしい町でもあります~

イカ漁が盛んな呼子町。港のそばには約100年もの間続いてきた「呼子朝市」が行われています。昔ながらに対面で自慢の品を売るおばちゃんたちとの心温まる触れ合いも楽しめるのは、呼子朝市ならでは!!潮風を感じながら「水光呼子」を巡ってみませんか。
※この情報は2018年1月時点のものです。

〝イカ〟した港町・呼子をのんびり散策しよう

おばちゃんとの会話にほっこり!!呼子朝市
「呼子朝市」は江戸時代、漁師と農家が鯨肉や鮮魚、農産物をぶつぶつ交換していたことが始まりと言われています。今も地域に根づき、普段の生活に欠かせない呼子のマルシェです。男衆が玄界灘へ漁に出て取った新鮮な魚介類、自家製イカの一夜干し、魚の干物、収穫したての野菜、果物などさまざまな品を、女衆が「朝市通り」に持ち寄って販売しています。休みは元旦のみ。「おいしいよ~」「見ていかんですか~」の掛け声が狭い通りに響きます。おまけしてくれたり、食べ方を教えてくれたり、おばちゃんとのやり取りと優しい笑顔に、買う側もほっこりと癒される朝市の雰囲気を楽しんでください。
  • 水揚げされたばかりの「あらかぶ」。みそ汁にしてもおいしいですよ~。

  • トロ箱に無造作に置かれたさまざまな種類の新鮮魚。名前は...おばちゃんに聞いてください。

  • 栄養価が高いと最近注目を集める海藻「アカモク」。「明太子を混ぜたり、ポン酢をかけておいしいよ」とおばちゃん。

  • 自家製のイカの一夜干し、みりん干し。ひと味もふた味も違います。

  • おばちゃんが殻付きのウニを慣れた手つきで半分に。その場で食べるウニは自然の塩分と甘さがあっておいしい~。

  • おばちゃんが座るパイプ椅子とトロ箱を置いただけの露店。飾り気のない朴とつな人柄に魅了されます。

  • 有明海で育ったカキもおいしいけど、玄界灘で育ったカキも身がしまっておいしいです。

  • 目の前で焼いてくれるドデカ~イ煎餅「いかプレスせんべい」も呼子朝市の人気者!!

  • 約200mもある「朝市通り」には、毎日30~50軒の露店や店舗が並びます。

  • 呼子朝市

    所/唐津市呼子町呼子 呼子朝市通り
    時/7:30~12:00
    休/元旦
    アクセス/JR唐津駅から徒歩約10分の大手口バスセンターからバスで約30分。呼子下車して徒歩1分。
    問/呼子朝市組合 TEL0955-82-0678
    唐津市観光協会 TEL0955-74-3355

    『呼子びっくりせり市』

    呼子朝市人気のイベント。海産物や新鮮な野菜、イカシュウマイなど色々な商品が出品されます。お気に入りの商品をおトクに競り落としてみませんか。日時/3月18日(日)10:00~
    場所/呼子朝市 ふれあい広場

あなたも呼子朝市の一員になりませんか 出店をサポート!!「朝市学校!チャレンジ呼子~」
80歳を超えたおばちゃんも大勢、売り子として頑張っている呼子朝市。その元気な姿が朝市の魅力の1つですが、新たな魅力に加えて昔ながらの朝市のスタイルを存続させていこうと唐津市と朝市組合は、新規出店者を募っています。「商売が初めての人も気軽にチャレンジしてほしい」と唐津市呼子市民センター産業課の集落支援員・岩本一彦さんは呼びかけます。
売りたいものは焼きものや切り絵などさまざま。応募者の一人「農上 嶽屋」(唐津市鎮西町)の代表・金嶽耕作さんと弟さんは、模擬出店で週末だけ自社農園で栽培したみかんや野菜の販売を始めました。
  • みかん畑にはえる下草を手作業で刈り込んで、肥料として活用する自然に近い農法で育てた「嶽屋のみかん」。味に深みと強い甘みがあります

  • 常々「農業や水産業が元気じゃないと地域も活性化しない」と感じている金嶽代表。新鮮な野菜も販売しています。

  • 無料貸し出し屋台を使った模擬店でお客様と触れ合う金嶽さん。こだわりを直接、お客さんに伝えます。

  • 「朝市学校!チャレンジ呼子~」

    受講料/無料
    内容/朝市の歴史、ルールのレクチャー、売り子体験で接客方法、屋台を貸し出してお試し出店などサポートします。
    条件/18歳以上
    問/唐津市呼子市民センター産業課 TEL0955-53-7165
    Facebook 呼子朝市~yobuko morning market~

食べておいしい!見て楽しい!!作ればさらにおいしい!!イカの一夜干し
洗濯物のように物干しにぶら下がったり、イカの一夜干し製造機でくるくると高速で回ったり、呼子港ではお馴染みのイカの一夜干しの風景。太陽の光と潮風がほどよくいきわたり、おいしい一夜干しに仕上がります。透き通ったイカの刺し身は絶品ですが、半生のイカの一夜干しもこれまた美味。食べておいしい、見て楽しい。自分で作ればもっとおいしいイカ一夜干しづくりをぜひ体験してください。
  • 軟骨を取ってしまうと足もはずれてしまうので注意してね。

  • これがイカの口。体験しながら、イカについていろんなことを知ることができます。

  • イカを開き終わったら、同店で干して宅配してくれます。そのまま持ち帰ってもOK。

  • イカの一夜干し体験

    所/木屋(唐津市呼子町呼子 呼子朝市通り)
    ※創業120年の老舗。手作業でつくったイカの一夜干しなど海産物の販売をしています。

    時/10:00~11:30頃まで。30分から1時間程度
    人数/個人4人以上。団体20人以上。
    料金/1人2000円
    申込/唐津市観光協会 TEL0955-74-3355 事前に予約してください。

    木屋朝市通りフィッシャーマンズ魚市場
    時/8:00~17:30
    休/元旦
    問/0955-82-1991
    アクセス/唐津駅から徒歩8分、大手口バスセンターから昭和バス呼子行きで約30分、呼子下車して徒歩約5分。

子どもから大人も楽しめる!!

呼子の海に出航~!マリンパル呼子
マリンパル呼子は呼子朝市通りからすぐ。鯨をモチーフにした半潜水型の海中遊覧船「ジーラ」やイカをモチーフにした遊覧船「イカ丸」が海へと出航します。
「ジーラ」の船内から、海面下1.2mの海中で泳ぐ魚たちの姿を目の前で見ることができます。「イカ丸」は、波によって浸食された神秘の洞窟「七ツ釜」を案内します。子どもからお年寄りまで楽しめるクルージング。海上から見る町の景色や海の豊かさ、自然が作り出す美しさを堪能してください。
  • 遠くから見ても、発見できるピンク色のジーラ。風を切って走る心地よさは格別です。船の先端に立って感じてください。

  • ジーラが向かう鷹島周辺は、日本初の海中公園地区の指定を受けた美しい海域です。

  • タイなど魚たちと一緒にまるで海中を散歩しているよう。海底のようすもよく分かります。

  • マリンパル呼子

    所/唐津市呼子町呼子
    所要時間/ジーラ、イカ丸ともに約40分
    出発時間/【ジーラ】9:00から1時間ごとに出発、17:00まで9便(11月~2月は16:00まで)。【イカ丸】9:30から1時間ごとに出発、16:30まで8便。季節により変更有り。
    乗船料金/【ジーラ】 中学生以上2,100円、小学生1,050円【イカ丸】中学生以上1,600円、小学生800円 ※いずれの船も、幼児は大人1人つき1人無料。10人以上は団体割引あり。
    問/マリンパル呼子 TEL0120-425-194
    アクセス/唐津駅から徒歩8分。大手口バスセンターから昭和バス呼子行きに乗車して30分、呼子バス発着所下車。唐津駅から車で約25分。

     

捕鯨で繁栄した呼子の証(あかし)!!

捕鯨文化を今に伝える 鯨組主中尾家屋敷
今はイカで知られる呼子ですが、かつては北から南へ回遊する鯨の捕獲基地でした。12月から4カ月ほどの捕鯨シーズンには、鯨との戦いに挑む腕自慢の羽差(はざし・もりを射る人)をはじめ水夫など約1000人、約50艘がチームとなって海に向かいました。そんな壮大な鯨漁の中心が、鯨組主・中尾家です。今もその屋敷が呼子朝市通りに残っています。江戸時代から約180年間、捕鯨業を営み、巨万の富を得ていた鯨組主・中尾家の屋敷。築250~270年と言われる町家建築は必見!!勘定場跡の建物には、中尾家と捕鯨についての資料が展示されています。
  • 呼子朝市通り一帯に約2500坪の敷地を持っていたという鯨組主中尾家。その屋敷は捕鯨文化を今に伝える大切な証人です。

  • 天井の高さは9m、太い大黒柱が2本、大きな梁がいくつも使用された重厚な建物。当時の建築技術の高さに驚かされます。

  • 捕鯨の様子を記した「小川嶋鯨鯢合戦」(1840年)に描かれている中尾家を示しながら、希望者にはスタッフが説明してくれます。

  • 鯨1頭の価格を今のお金に換算すると約2000万円。4カ月ほどの捕鯨シーズンに54頭の豊漁のときには約10億円の収入があったとか。

  • 「鯨が1頭、捕れれば七浦が潤う」と言われ、1頭が水揚げされると呼子はたいそう賑わったそうです。

  • 職人の技術の粋を集めた座敷の欄間「七宝輪つなぎ」や杉戸絵、桃をモチーフにした「釘隠し」は当時のまま。職人のセンスが光ります。

  • 復元された「勘定場跡」1階。羽差(はざし)が使っていた釼(けん)の重さ7キロ。そのレプリカに触れて、漁の大変さを実感してみてください。

  • 「勘定場跡」は呼子の歴史や捕鯨のようすを伝える資料が展示されています。

  • 屋敷の離れ座敷では、2月24日~3月11日開催の「唐津のひいな遊び」の会場の1つとして、呼子に伝わる「箱雛」などが飾られます。
    開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
    入館料/お雛様展示会場のみ無料

  • 鯨組主中尾家屋敷

    所/唐津市呼子町呼子3750-3
    入館料/一般200円、小・中学生100円、未就学児無料、20人以上の団体は2割引き
    時/8:45~17:00(入館は16:30まで)
    休/水曜(祝日の場合翌日)、12月29日~1月2日
    問/鯨組主中尾家屋敷 TEL0955-82-0309
    アクセス/JR唐津駅から徒歩8分の大手口バスセンターから呼子行きバスで約20分

    唐津のひいな遊び
    期間/2月24日(土)~3月11日(日)

地元人にも愛される呼子の新・人気スポット!!

バーべキューと海とラジウム温泉「呼子台場みなとプラザ」
呼子漁協が直営する「呼子台場みなとプラザ」。イカやウニ、サザエ、タイなど旬の新鮮な魚介類や農産物、お土産に最適な海産物加工品などが低価格でずらりと並ぶ「大漁鮮華」、呼子湾や呼子大橋が一望できるお風呂「呼子台場の湯」など、波音を聞きながらのんびりと過ごすことができる癒しスポットです。
大漁鮮華には、炭火焼きバーベキュー施設も併設。同店で選んで購入した魚介類や野菜を調理してくれるので、手軽に味わうことできます。呼子台場の湯の休憩室では、購入した寿司やなどを持ち込んで召し上がることもできます。漁港の賑やかさや美しい景色、癒しを感じつつ、呼子を満喫してください。
  • 水揚げされたばかりの鮮魚。無料で三枚おろしにしてくれます。

  • 活きがいいのは魚だけでなく、スタッフのおじちゃんやおばちゃんたちも。おススメを気軽に尋ねてみて。

  • 店内には新鮮なネタが楽しめる寿司バイキングも。好きなものを選んでください。

  • 同店に併設したバーベキュー施設。玄界灘で育った海の幸を、海のそばで味わう贅沢なひと時をどうぞ。

  • カキやサザエ、エビは焼いて、イカの一夜干しは軽くあぶって、イカは刺し身にして...。いろいろ楽しめます。

  • 炭火で焼けば、うまみが凝縮した魚のかまの部分もさらにおいしくふっくらと出来上がり!!

  • 呼子のおいしいもの、景色、ゆっくりと過ぎる時間を楽しめる「呼子台場みなとプラザ」。

  • ラジウム温泉剤が入ったラジウム泉が肌を優しく潤す「呼子台場の湯」

  • 呼子育ちの甘夏を使ったプルプルの「甘夏ゼリー」。湯上りにさっぱりと召し上がれ。

  • 呼子台場みなとプラザ

    所/唐津市呼子町呼子1740-11
    アクセス/JR唐津駅から車で約30分。

    呼子台場 大漁鮮華
    時/9:00~18:00 平日は予約可
    バーベキューコーナー
    利用時間/9:00~17:00(入店は16:00まで)
    利用料金/小学生から大人 炭代として1人200円
    ※食材は大漁鮮華で購入してください。
    ※エプロン、軍手、トング、はさみ、箸、フォーク、調味料などは無料で提供します。
    問/呼子大漁鮮華 TEL0955-82-3331

    呼子台場の湯
    営業時間/10:00~20:00
    料金/中学生以上510円(17:00以降410円)、4歳~小学生300円(17:00以降200円)、4歳未満は無料、満65歳以上および身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳をお持ちの方は20%引き
    休日/第3水曜(祝日の場合は翌日)、12月31日~1月2日
    問い合わせ先/呼子台場の湯 TEL0955-82-2111