冬色に染まる佐賀~月の引力と美しい朝日が見える町・太良町でおいしい味めぐり~

月の引力によって起きる潮の満ち引き。干満の差約6メートルと日本一の干満の差を目の当たりにさせてくれるのが豊饒の海「有明海」です。そんな有明海が東に面し、西には多良岳と豊かな自然に包まれた太良町は、佐賀県有数の食の宝庫!!太良でしか味わえない太良ブランドの山海の幸をおなかいっぱい召し上がれ。

※この情報は2017年12月時点のものです。

01.海中鳥居 / 02.竹崎かに / 03.竹崎カキ / 04.はりも果樹園 / 05.道の駅太良「たらふく館」 / 06.太良シトラス会 / 07.わさび苑 / 08.太良町の新名物「ひと口アワビ」

 

フォトジェニックスポットとして人気の海中鳥居

満潮時は穏やかな波が輝く有明海。干潮時にはムツゴロウなどが飛び出してくる広々とした干潟。特に対岸から昇る朝日は美しく、フォトジェニックな朝焼けの景色など、さまざまな表情を見せる有明海。浅瀬に立つ「海中鳥居」は潮の干満によって表情を変える人気の観光スポットになっています。

濃厚なうま味生み出す宝の海・有明海の恵み

太陽の光をたっぷり浴びる広大な干潟を持つ有明海は、ミネラルが豊富で、カニやカキの栄養になるプランクトンがいっぱい。ほかの海に比べると塩分濃度が低く、それがカニやカキの濃厚なうま味と甘みを引き出しています。太良町周辺で取れるカニやカキは特に美味で、「竹崎かに」「竹崎カキ」と呼ばれています。

横長ひし形のフォルムがかわいいワタリガニ 竹崎かに

冬はたまごがいっぱい詰まったメスが旬、夏はオスが旬でカニみそが絶品!!旬の時期はそれぞれ違いますが、1年中味わえます。
太良町では竹崎かにの食べ方もバラエティーに富んでいます。自分でムキムキしながら無心で食べたい派も、手間なく味わいたい派も、好みの食べ方を楽しみましょう!!今回は、手間なく味わいたい派におススメの竹崎かに料理を紹介します。

■竹崎かに料理やお食事ができる店は
太良町観光協会のホームページ「観光たら」(http://www.tara-kankou.jp/gourmet/)のグルメコーナーをご覧ください。
●問い合わせ先/太良町観光協会(道の駅太良 観光案内所内) TEL0954-67-0065

大浦野崎漁港のそばにあり絶景の「星降る露天 十方空」でも有名な豊洋荘。漁師料理をヒントに竹崎かにをひつまぶし風にアレンジした「かにまぶし」が国内はもちろん海外の旅行者にも人気です。専用の食事処「虹の蔵」で、かにまぶしのために特注した桶やこだわりの器を使うなど見た目も楽しみながら味わえます。蒸すことでうまみが増した竹崎かにの身をほぐし、ごはんにのせたかに丼を小さい茶わんに4等分し、「かにみそ」「秘伝のまぶしダレ」「特製ポン酢」「お茶漬け」でいただきます。竹崎かにの身は1杯以上入っており、竹崎かにの甘み、旨みを色々な食べ方で味わえます。竹崎かにを茶碗蒸しにした「かにちゃん蒸し」は、下の層に沈めたホワイトソースと混ぜ合わせるとまろやかな味わいが広がります。
  • 最初はカニみそで濃厚な味わい。2杯目はコチジャンがベースのまぶしダレ。3杯目カニと相性抜群の特性ポン酢。

  • 締めはお茶漬けでサラサラっと。

  • 有明海の美しい自然のグラデーション!有明海を一望できる星降る露天「十方空」。

  • 星降る露天とかにまぶし 豊洋荘

    所/藤津郡太良町大浦丙1099-5
    TEL/0954-68-3545 予約がお薦めです
    営/(ランチ)11:30~15:00
    料金/かにまぶし2,910円(1日55食限定)
    アクセス/肥前大浦駅から車で約10分


竹崎城址展望公園そばにある旬工房竹崎。地元だからこそ手に入る珍しい有明海の海の幸が味わるお店です。季節やタイミングによって味わえる魚が変わるので何度も訪れるお客様が多いとか。 まかない料理だった「かに丼」をお客様の要望に応えてメニューになったのが「かに丼」です。身をほぐしたたっぷりの竹崎かにとホタテなどが、カニみそとカニの甲羅などでとっただしを使って卵でとじた贅沢な丼です。 同じかに丼でも冬はカニのたまごが入ったメス、夏はカニみそのほのかな苦みがたまらないオスと、季節で異なる味が楽しめます。
  • 店主自ら潮が引いた有明海の岩場で取ってきたミナ(貝)など、有明海の味が贅沢な小鉢に。別メニューで天然カキが味わえるときも。

  • 水揚げされたばかりの竹崎かに。地元の先輩や後輩が漁師ということで、いろんな有明海の珍味が手に入るそう。

  • 600年前の南北朝時代に築城された竹崎城跡に築かれた竹崎城址展望台では、有明海の絶景をパノラマで楽しめます。

  • 旬工房 竹崎

    所/藤津郡太良町大浦甲20-3
    TEL/0954-68-3446 予約がお薦めです
    営/11:00~19:00、19:00以降は要予約
    料金/かに丼1,080円、特丼(竹崎かにの身3倍増し)2,160円
    休/第1、第3火曜日(祝日の場合翌日)
    アクセス/JR肥前大浦駅から車で約15分

太良福(たらふく)食べてほしい有明海の滋味 竹崎カキ

有明海の栄養をたっぷりと吸収した滋味豊かな竹崎カキ。冬になり海水温がぐっと下がるとカキは殻いっぱいに身を大きくして、甘みが強く、濃厚な味に変わっていきます。
竹崎カキを味わえるカキ小屋が有明海沿岸を走る国道207号線に並び、そのようすから「たらカキ焼海道」とも呼ばれています。週末ともなればおいしいカキを求めて連なる車の列も冬の風物詩。九州のカキ焼小屋発祥の地とも言われる太良町で、太良福(たらふく)食べて、口福(こうふく)を感じてください。
■竹崎カキが味わえるカキ焼小屋は
太良町観光協会のホームページ「観光たら」(http://www.tara-kankou.jp/gourmet/)のグルメコーナーをご覧ください。

道の駅太良にある、お食事処「漁師の館」。ちゃんぽんや各種定食等の他、金星佐賀豚等を使ったご当地バーガーも販売しています。有明海を眺めながら食事が楽しめるウッドテラスやカキ焼小屋も併設されています。カキ焼小屋では、竹崎カキはもちろん、竹崎カキのアレンジメニュー、チーズフォンデュやアヒージョが味わえます。併設のウッドテラスブースでは、有明海を眺めながらノンアルコールのカクテルなどドリンクと共にゆっくりと潮の満ち引きを感じることができます。
  • ぷりぷりの竹崎カキ。まずはそのまま、竹崎カキの甘みを味わって。

  • 人気の有明天然カキのアヒージョは、バゲットと共に。

  • ウッドテラスブースではイベントも開催されるそう。ゆったりとした雰囲気に癒されます。

  • 漁師の館

    所/藤津郡太良町伊福3488-2
    TEL/0954-67-2808
    営/9:00~18:00(ウッドテラスブースは予約制)
    休/元日
    アクセス/肥前飯田駅から車で約5分

多良岳と有明海の自然が生み出した絶品「たらみかん」

標高983m、天然林や希少な動植物が生息し、水源の森百選に選ばれるほど清らかな水を生み、豊かな自然が残る多良岳。太陽の光が降り注ぐ南向きの急斜面にはみかん畑が広がっています。肥沃な土地と有明海から吹きあがってくるミネラルたっぷりの潮風が、美しい色やつや、甘みと酸味のバランスが絶妙でしっかりとしたみかんのうまみがある太良ブランド「たらみかん」のおいしさを作り出しています。
■太良町内のみかん販売については、太良町観光協会のホームページ「観光たら」(http://www.tara-kankou.jp/gourmet/)のグルメコーナーをご覧ください。
●問/太良町観光協会(道の駅太良観光案内所内) TEL0954-67-0065

有明海が一望できる海抜200mの蕪田地区にあるはりも果樹園。10月中旬~12月中旬の出荷最盛期の中、旬を迎えてたわわに実ったおいしーい「たらみかん」のみかん狩り体験ができます。同園では、自然の力プラス水を必要以上に与えないなど、さまざまにストレスをかけることで、甘味やうまみを凝縮したみかんの味を最大限に引き出しています。薄皮でやわらかな食感は食べやすいですよ。
はりも果樹園 たらみかん
  • かごやはさみ、軍手など道具はすべて準備してありますから、体一つで向かうだけ。

  • 葉っぱを切らないよう気を付けて切ります。さらに、みかん同士が傷つけないよう茎を根本から切ります。

  • 「みかんのおへその周りが、手で触ると少し波打っている方がおいしいですよ」と見分け方を教えてくれる同農園の針茂拓郎さん。

  • はりも果樹園

    所/藤津郡太良町糸岐8474
    TEL/0954-67-1334、080-6405-1334
    たらみかんは、「はりも果樹園」のネットで購入できます
    ■みかん狩り(体験時期10月中旬~12月中旬)
    営/9:00~16:00
    料金/大人1000円、子ども500円 お土産として1袋分約1㎏のみかんを持ち帰れます。
    人数/個人は1人から。団体は50人まで。
    予約/3日前までに要予約 その他/動きやすい服装
    アクセス/JR肥前多良駅から車で約15分。詳細は同園ホームページ内の「はりも果樹園の道案内」をご覧ください。
    はりも果樹園ホームページ ●はりも果樹園facebook


冬12月に入ると店外に設えた棚に太良町で育った25~28種類のみかんがずらりと並ぶ太良町特産品直売所。それぞれの試食が可能で、酸味や甘味など品種による味の違いや自分の好み味や生産者を見つけ、納得しておいしいみかんを買うことができます。年間を通じて約80種類のみかんが、それぞれの旬を迎えるころに同館に登場。店外のみかんコーナーは、「たらふくみかん通り」と名付けられています。みかん通りを試食しながら歩いて、自分好みのみかんを見つけてください。2月頃には甘みと香りの高いクレメンティンが並びます。
竹崎かにや竹崎カキといった海産物もぜひどうぞ!
  • 同館オリジナルの太良町産クレメンティンを使った「クレメンティンパイ」はお土産にぴったりです。
    (6個入り600円、10個入り1,000円)

  • 太良みかんソフト(350円)は冬でも美味。

  • 竹崎カキをご自宅でも!お土産に人気です。

  • 道の駅太良「たらふく館」

    所/藤津郡太良町大字伊福甲3488-2
    TEL/0954-67-9117
    営/9:00~18:00
    休/年末年始(1月1日)
    アクセス/肥前鹿島駅前交差点より国道207号を南へ約11.5km


『たらみかん』がおいしいのは間違いない。もっと多くの方に食べてもらうため、リブランディングをして『たらみかん』を広く知ってもらおう!と動き出したのが、若手の柑橘系農家を中心にした「太良シトラス会(会長・早津昌俊)」です。日本初のみかんに特化した東京大学を中心としたサークル「東大みかん愛好会」や、お茶の水女子大学公認の食べる幸せを広げるサークル「Ochas(オチャス)」、有田工業高校デザイン科の生徒4人「ミカルテット」とコラボ。たらみかんのシンボルマークコンテストの開催やみかんを使ったお土産品に「みかんと紅茶のオトナジャム」、たらみかん専用の箱を作るなど若い人たちの知恵も取り込んで、みかんと言えば「太良~」と言われる存在を目指して頑張っています。
太良シトラス会ホームページ ●太良シトラス会facebook
  • 東京千駄木『九州堂』さんでのたらみかん(針茂果樹園)販売イベント。

  • お茶の水女子大学の「Ochas」とコラボした「みかんと紅茶のオトナジャム」。温州みかんとクレメンティンの2種類のみかんに紅茶や洋酒も加えた酸味と甘み、苦みもちょっぴりのオトナなジャムです。道の駅太良「たらふく館」で販売しています。

  • 東大みかん愛好会、Ochas(お茶の水女子大)、有田工業高校が参加した夏合宿の様子。

多良岳の麓にある九州最大級という観光農園「わさび苑」


佐賀県の名山の一つである多良岳は、貴重な植物が自生する山として登山客も多く、古くは霊山として信仰されてきました。「多良岳は水源の森百選の一つでもあります。この伏流水があってこそわさびが育つんです」とは、代表理事の髙木茂さん。平成20年に4人の農家により設立されたわさび苑では、年間を通して16℃という多良岳の地下水を汲み上げて人工のわさび沢を再現し、見学無料で開放しています。収穫までには1年から1年半かかり、安定供給できるよう植え付けの時期を少しずつずらしながら丁寧に育てられています。
  • わさび苑は太良町役場から車で約5分。見学のあとは直売所でとれたてのわさびが買えます。

  • 普段なかなか見ることがない収穫前のわさび。

  • 一番人気は、「わさびドレッシング」。わさびの辛味も風味もしっかりきいた、クセになりそうなお味。

  • わさび苑 多良岳

    所/藤津郡太良町大字糸岐1212-3
    TEL/0954-67-2366
    営/9:00~17:00
    休/12月31日~1月3日
    アクセス/太良町役場から車で5分

竹崎かに、竹崎カキに続く第3の太良町特産品「ひと口アワビ」間もなく登場!!

アワビを第3の太良町の特産品にしようと2014年から取り組み始めた町の商工会の有志たち。塩分濃度3%以上の海で育つアワビですが、有明海の平均的な塩分濃度はそれ以下。そこで有明海を知り尽くした潜水士の峰松弘さんが有明海でも塩分濃度3%ある水域から採取。その海水を使ってアワビの陸養殖を始めました。「小さい方が軟らかくて食べやすい」と峰松さん。サイズは小さめの7~8cm。現在はこんぶやわかめなどをエサに育て、少しずつ太良町の旅館などで提供を始めたばかり。まだまだ数に限りがありますが、今後は日本一おいしい有明のりをエサに、有明海の海水で育ったアワビとして、太良ブランドを確立して行ければと意気込んでいます。
■食べてみたいという方は、太良町観光協会にお問い合わせください。
●問/太良町観光協会(道の駅太良観光案内所内) TEL0954-67-0065