逸口香(佐賀県全域)

逸口香(佐賀県全域) 黒砂糖あんを、ショウガの香りを加えた皮で包み、天火で焼き上げたお菓子です。しかし、中にはあんが詰まっているわけではなく、パカッと空洞になっていて、個性的な風情を醸し出しています。味は、昔ながらの素朴な風味で、食べていくうちに懐かしさを感じます。お茶によく合い、茶人に好評の通の味となっています。逸口香のはじまりは、嘉永年間の頃より作り始められたとも、中国の唐の時代に滋養豊富な菓子として伝えられたとも言われています。