呼子大綱引(唐津市呼子町)

呼子大綱引(唐津市呼子町) 「文禄・慶長の役」時代、豊臣秀吉が名護屋城に陣を構えていた頃、将兵の士気を高めるために、加藤清正と福島正則の陣営を東西に分け、軍船の綱を用いて引かせたことから始まった伝統的な祭りです。もともとは旧端午の節句に行なわれていましたが、現在では6月の第1土曜日(子供綱)、日曜日(大人綱)の2日間にわたって行なっています。町民を岡組と浜組に二分し、老若男女が直径15センチ、長さ400メートルの大綱を、ドラと火矢の合図で引き合い、岡組が勝った年は豊作、浜組が勝った年は大漁と伝えられています。綱引きが行なわれる道路上のタイルの図柄は、岡組側(豊作)、浜組側(大漁)を表わし、3本の線は勝敗を決する中心線(ミト)と、勝敗線を示すものです。

●交通
 JR駅からの場合…JR唐津線・筑肥線唐津駅下車。大手口バスセンターより呼子行き乗車(所要時間約30分)、呼子バス発着所下車。
 マイカー利用の場合…九州自動車道多久I.Cから車で約60分。
●駐車場 近くに市営有料駐車場有り(128台)。祭り期間中は臨時駐車場設置。
●問い合わせ先 唐津市呼子支所 TEL 0955-53-7165