呼子大橋(唐津市呼子町)

呼子大橋(唐津市呼子町) 唐津市呼子町は天然の良港にめぐまれ、古くは捕鯨の基地として栄えました。現在は、「イカの活造り」や「呼子の朝市」など新鮮な魚介類を求めて、年間を通じて多くの観光客が訪れています。この唐津市呼子町のシンボルといえるのが、平成10年の新さが百景に選ばれた「呼子大橋」。ハープを並べたような美しい橋は、全長約728m。緩くカーブした橋を渡りながら、その全景を眺めることができます。橋を渡った加部島には、「風の見える丘公園」や松浦佐用姫伝説が残るロマンあふれる「田島神社」、そして数多くのグルメスポットなどみどころがいっぱい。夕日に沈む海と呼子大橋の美しいシルエットが、旅情をたっぷり感じさせてくれます。

●交通
 JR駅からの場合…JR唐津線・筑肥線唐津駅下車。大手口バスセンターより呼子行き乗車(所要時間約30分)、呼子バス発着所下車。加部島行きバス乗車(約10分)、呼子大橋バス停下車。
 マイカー利用の場合…九州自動車道多久I.Cから車で約60分。
●駐車場 85台(無料)
●問い合わせ先 唐津市呼子市民センター  TEL 0955-53-7165

上にもどる