有田陶磁美術館(有田町)

  • 有田陶磁美術館(有田町)

有田内山の中心地にあるこの建物は、明治7年建造のやきもの倉庫(石蔵)を改造して造られた、佐賀県でいちばん古い美術館。
近在する「旧田代家西洋館(有田異人館)」が国の重要文化財に指定されたことを機に、「旧田代家西洋館」と「有田陶磁美術館」が建てられた明治時代に合わせて、展示内容を一新しています。窯元やそれぞれの豪商が手掛けた製品を展示し、海外貿易が始まった江戸時代の有田焼から、明治時代を中心に昭和初期までのやきものを紹介しています。また、当館の看板娘である佐賀県重要文化財の「染付有田皿山職人尽し絵図大皿」と「陶彫赤絵の狛犬」も展示されています。
外壁の陶板には、明治時代の詩人・蒲原有明の「有田皿山にて」の一節が記されています。メインストリートからちょっと奥まったこの辺りは、トンバイ塀や昔ながらの家並みが続き、旅の散策にはもってこいのスポットです。

場所/佐賀県西松浦郡有田町大樽1丁目4-2
開館時間/9:00~16:30
休館日/月曜日、年末年始(12月29日~1月3日)
入館料/一般100円、大学生・高校生50円、小中学生30円 ※20名以上割引
駐車場/あり 5台(無料)
アクセス/車:西九州自動車道波佐見有田I.Cから車で15分
JR:JR佐世保線有田駅から有田町コミュニティバス乗車、札の辻バス停下車徒歩5分
問/有田陶磁美術館 TEL 0955-42-3372
WEB/http://www.town.arita.lg.jp/main/828.html
佐賀県公式観光アプリ/http://saga-travelsupport.com/spot/detail.html?id=406

ここもオススメ

Tweet