武雄焼(武雄市)

武雄焼(武雄市)  「武雄焼」は、豊臣秀吉の文録・慶長の役の時、武雄領主後藤家信に同行した陶工らが渡来し、その中の焼物師夫婦として、「深海宗伝」とその妻、「百婆仙」が武雄の地で作陶したことから始まります。約400年もの歴史を持つ武雄焼は、従来の絵唐津から白化粧土を使い、古武雄として江戸時代に日本各地に流通しました。また、17世紀には東南アジアへも輸出され、世界的に愛好されました。
 現在、市内には約90数ヶ所の窯元があり、土味を生かした茶色系統の「陶器」と、白く輝く「磁器」に大別されます。品目は、代表的な特色として、鉄絵緑彩、象嵌、刷毛目、鉄絵、緑褐釉、染付けなど幅広くあります。武雄焼はこうした伝統を地区ごとに引き継ぎながら、個性を尊重し、多様な作品が生み出されています。この地ならではの「個性」と「多様さ」が武雄焼の特徴であり、素朴で温かみのある落ち着いた色調は、器に触れる方の心を魅了しています。

●問い合わせ先
 武雄市役所 観光課  TEL0954-23-9237
 一般財団法人武雄市観光協会  TEL0954-23-7766