筑後川昇開橋(佐賀市諸富町)

  • 筑後川昇開橋(佐賀市諸富町)
  • 筑後川昇開橋(佐賀市諸富町)
  • 筑後川昇開橋(佐賀市諸富町)

佐賀市諸富(もろどみ)町のシンボル・筑後川昇開橋(しょうかいきょう)は、九州一の大河・筑後(ちくご)川に架かる世界でも有数の昇降式可動鉄橋です。全長507m。高さ30mの2つの鉄塔にはさまれた中央部が23mの高さまでエレベーターのように上昇し、その下を大型船が自在に航行できるようになっています。当時、頻繁に行き交っていた大型船の航行を妨げず、なおかつ潮の満ち引きの差が激しい広大な川に橋を架け、列車を走らせる。この大きな問題を解決するため悩み苦しんだ結果、「昇降式」という大胆で斬新なアイデアが生まれました。しかし、最大6mの干満の差がある有明海は、筑後川の水面を常に変化させ、また16mという厚い川底の粘土層が工事の行く手を阻み、工法・建設は困難を極めました。度重なる苦難を乗り越え、昭和10(1935)年5月25日、旧国鉄佐賀線の鉄道橋、東洋一の昇開橋が完成し話題になりました。以来、水陸路両面から交通の要衝として人々の暮らしを支え活躍してきました。ところが、昭和62(1987)年3月27日、時代のながれに逆らえず佐賀線は廃止、橋の昇降部が登りきると同時に、50余年間絶え間なく果たしてきた鉄道橋としての役割を、惜しまれつつ静かに終えました。そして、平成8年4月29日、ついに筑後川昇開橋は遊歩道として甦ったのです。その名も「タワーブリッジ遊歩」。1日8回、昇降部が降り佐賀市諸富町と対岸の福岡県大川市を結びます。昼間は和やかな散歩道、夜にはライトアップされた橋が水面に浮かび、恋人達にロマンチックで素敵なひとときをプレゼントしてくれます。夕陽に映える美しいシルエットも見逃せません。なお、昇降部が降りていない時も遊歩道は開放されており、橋の中央部まで行くことができます。平成15年(2003年)5月30日に、国の重要文化財に指定され、平成19年(2007年)8月7日には、機械遺産にも認定されました。
橋のたもとにある特産物直売所「橋の駅ドロンパ」では、新鮮な地元の魚介類や野菜などが販売されていて、多くのお客さんで賑わっています。

場所/佐賀県佐賀市諸富町大字為重214番地4
休業日/毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合、翌日休業)、12月29日~1月3日
駐車場/あり
アクセス/車:長崎自動車道佐賀大和ICから車で30分
JR:JR長崎本線佐賀駅からタクシー利用で20分
バス:佐賀駅バスセンターから佐賀市営バス早津江行き乗車、バス停「昇開橋前」下車、徒歩5分
問/佐賀市諸富支所 TEL 0952-47-2131
WEB/https://www.shoukaikyou.com/
佐賀県公式観光アプリ/http://saga-travelsupport.com/spot/detail.html?id=343

ここもオススメ

Tweet