土井家住宅(大町町)

  • 土井家住宅(大町町)

参勤交代の大名行列、シーボルト、宮本武蔵も通った歴史道・長崎街道沿いにどっしりとした威容を見せる「土井家住宅」は、この地方独特の建築様式を残す民家として昭和49年に国の重要文化財に指定されました。建築年代の特定はできていませんが、造りなどから見て、150~200年前のものではないかと推察されています。もともとは造り酒屋でしたが、明治時代に家主が変わって農家として手を加えられため、間口の広い街道筋の町屋でありながら農家風の形態を持つという、珍しい造りとなっています。また、平瓦と丸瓦を交互に葺いていく「本瓦葺き」という、現代では使われなくなった手法が残るなど、地方の民家として資料性の極めて高い貴重な建物です。昭和51年から14ヶ月かけて解体修理を行ない、建築当初の姿にもどされました。長崎街道沿いは、昔ながらの風情が色濃く残る歴史ゾーン。「土井家住宅」見学のあとは、ぜひ周囲の散策もおたのしみください。

場所/佐賀県杵島郡大町町大町1050
アクセス/車:長崎自動車道武雄北方I.Cから車で20分
JR:JR佐世保線大町駅からタクシーで5分
問/大町町役場教育委員会 TEL 0952-82-3177

ここもオススメ

Tweet