佐野常民記念館(佐賀市川副町)

  • 佐野常民記念館(佐賀市川副町)
  • 佐野常民記念館(佐賀市川副町)
  • 佐野常民記念館(佐賀市川副町)

佐野常民記念館(佐賀市川副町) 佐賀の七賢人の一人、佐野常民(さのつねたみ)は、幕末から明治の先駆者として、政治、産業、科学、芸術などの様々な分野で活躍した人物です。
特に、西南戦争の時、博愛社(日本赤十字社の前身)を設立し、現在では、「日本赤十字社の父」と呼ばれています。
佐野常民の遺徳を顕彰し、博愛精神を学び普及していく施設として、佐野常民記念館が平成16年10月、生誕地である川副町早津江の地に開館しました。
当記念館では、佐野常民に関する歴史資料、遺品などの実物資料の展示をはじめ、三重津海軍所の立体模型、時空年表、マルチビジョンを駆使した映像ホール等により常民の功績をわかりやすく、紹介しています。また、次世代教育、生涯学習、地域交流、ボランティア活動など様々な活動を通して博愛の心を学ぶ体験学習施設としての機能もあわせもっています。
隣接する三重津海軍所跡は現在、佐野歴史公園(平成17年度完成)として整備されています。

三重津海軍所跡は、1858年に佐賀藩が御船手稽古所(おふなてけいこしょ)を置いたのが始まりで、佐賀藩が海軍の教育や洋式船の運用をしていました。1865年には、日本初の実用蒸気船「凌風丸(りょうふうまる)」の建造に成功しました。この場所からは、発掘調査により遺跡として現存する我が国最古の船渠(せんきょ)が確認されました。造船の近代化を示す貴重な遺産であり平成27年7月、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として世界遺産に登録されました。現在、佐野常民記念館では「三重津タイムクルーズ」と称した、当時の様子をイメージしたCG映像を通して約160年前の三重津海軍所を体感できます。

場所/佐賀県佐賀市川副町大字早津江津446-1
開館時間/9:00~19:00(みえつスコープ受付は16:30まで)
※展示室は9:00~17:00、会議室及び多目的室は、水・木・金曜日に限り22:00まで使用可能(要申込)
休館日/月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)、その他臨時休館日
入館料/無料(展示室は 大人(18歳以上)300円、小人(小・中・高校生)100円、団体20人以上の場合、大人240円、小人80円)
アクセス/車:長崎自動車道佐賀大和ICより車で40分、九州自動車道みやま柳川ICより車で40分、九州佐賀国際空港よりタクシーまたはレンタカーで10分
JR・バス:JR佐賀駅バスセンターより佐賀市営バス早津江線にて40分、「佐野常民記念館入口」バス停下車徒歩5分
西鉄電車柳川駅より西鉄バス沖新線にて30分、終点「早津江」バス停下車徒歩5分
問/佐野常民記念館 TEL 0952-34-9455
WEB/http://www.saganet.ne.jp/tunetami/
佐賀県公式観光アプリ/http://saga-travelsupport.com/spot/detail.html?id=450

ここもオススメ

Tweet