唐津くんち(唐津市)

  • 唐津くんち(唐津市)
  • 唐津くんち(唐津市)
  • 唐津くんち(唐津市)

唐津(からつ)神社の秋季例大祭。毎年11月の2~4日の3日間にわたって開催され、「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」のかけ声で曳山(ヤマ)が通りを駆け抜ける勇壮なお祭りです。
文政2(1819)年、刀町の石崎嘉兵衛が、お伊勢参りの帰りに京都で見た祇園山笠にヒントを得て、仲間と「赤獅子」を作り奉納したのが曳山行事のはじまり。それから明治9(1876)年までに「青獅子」「亀と浦島太郎」「鯛」「鯱」など15台が作られました。残念ながら、紺屋町の黒獅子は明治中期に消滅し、現在は14台が保管されています。曳山は県重要有形民俗文化財、曳山行事は国の重要無形民俗文化財に指定されており、平成28年には全国33件「山・鉾・屋台行事」のひとつとして、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。
11月2日は宵曳山(よいやま)とよばれ、刀町の「赤獅子」を先頭に曳山は提灯をつけて巡行。最大の見せ場は3日の「お旅所神幸(おたびしょしんこう)」です。午前9時30分に唐津神社を出た曳山は、西の浜にあるお旅所へ向かいますが、「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」のかけ声も勇ましく、街角で急カーブを曲る時は、曳山の巨体が左右に大きく揺れ動きます。正午、お旅所で曳き込みがはじまります。このお旅所は砂地で、車輪がめりこむ曳山を曳き子たちは所定の位置に曳きこみます。曳込み、曳出しはとにかく圧巻。勇壮でありながら、極彩色の絵巻のようで、祭りは最高潮に達します。4日は翌日祭で、祭りの興奮さめやらぬまま曳山は唐津神社横の曳山展示場へと曳き納められます。

11月2日 宵曳山   19:30~22:00 (大手口~市内一巡~唐津神社社頭勢揃)
11月3日 お旅所神幸  9:30~16:30 (唐津神社~市内一巡~お旅所~各町へ)
11月4日 翌日祭   10:00~17:30 (唐津神社~市内一巡~曳山展示場)

日/11月2日~4日
駐/あり 市内各地に駐車場有(臨時及び有料駐車場)
アクセス/車:長崎自動車道多久ICから車で40分
JR:JR唐津線筑肥線唐津駅から徒歩10分
問/唐津観光協会 TEL 0955-74-3355
WEB/https://www.karatsu-kankou.jp/feature/karatsukunchi/
佐賀県公式観光アプリ/http://saga-travelsupport.com/spot/detail.html?id=327

ここもオススメ

Tweet