佐賀を旅するガイドブック「さがいこ」

佐賀を旅するガイドブック「さがいこ」

さがいこコース1

佐賀市の歴史に触れる旅〈佐賀市〉

  • 佐賀バルーンミュージアム

    佐賀バルーンミュージアム

    天気に左右されやすいバルーンをいつでも体感できる日本初のミュージアム。大型シアターで臨場感あふれる映像を見たり、操縦の疑似体験ができます!

    ● 佐賀市松原2丁目2-27 TEL.0952-40-7114

  • 佐賀県立佐賀城本丸歴史館

    佐賀県立佐賀城本丸歴史館

    佐賀城本丸御殿を復元した歴史博物館。日本の近代のトップランナーだった幕末佐賀藩の科学技術や偉人の功績について分かりやすく紹介しています。

    佐賀市城内2丁目18-1 TEL.0952-41-7550

  • 世界遺産 三重津海軍所跡・佐野常民記念館

    世界遺産 三重津海軍所跡・佐野常民記念館

    幕末佐賀藩の海軍の拠点、三重津海軍所跡、隣接する佐野常民記念館で貸出す「みえつSCOPE」(VR機器)で、約160年前の三重津にタイムトリップ。

    ● 佐賀市川副町大字早津江津446-1 TEL.0952-34-9455

  • 筑後川昇開橋

    筑後川昇開橋

    東洋一の可動式鉄橋で、現存するものでは日本最古。現在も遊歩道として親しまれ、可動の様子を見ることができる。国指定重要文化財。

    ● 佐賀市諸富町大字為重石塚 TEL.0952-20-2200(佐賀市観光協会)

  • 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

    佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

    嘉瀬川河川敷を舞台に毎年秋に開催されるアジア最大級のバルーンの祭典。100機以上のバルーンが集い、競技やイベントが行われる。

    ● 佐賀市 嘉瀬川河川敷 TEL.0952-29-9000(熱気球大会佐賀運営委員会)

  • 古湯・熊の川温泉郷

    古湯・熊の川温泉郷

    古湯・熊の川温泉は、約38度のぬるめの泉温と、ぬるぬるした心地良い肌触りという特徴。風光明媚な温泉街は湯治客だけでなく、多くの芸術家を魅了してきました。

    ● 佐賀市富士町 TEL.0952-51-8126(富士町観光案内所)

  • シシリアンライス

    シシリアンライス

    佐賀市中心街にある喫茶店で誕生したご当地グルメ。ライスの上に炒めたお肉と生野菜を盛り合わせ、マヨネーズをかけたものが基本形です。

    ● 佐賀市 TEL.0952-20-2200(佐賀市観光協会)

  • 有明海料理

    有明海料理

    名物ムツゴロウはハゼ科の魚。かば焼や刺身がおすすめです。舌ビラメの一種であるクチゾコは煮付けやバター焼がオーソドックス。独特の魚介類だけど、どれも味は最高です。

    ● 佐賀市 TEL.0952-20-2200(佐賀市観光協会)

  • 丸ぼうろ

    丸ぼうろ

    佐賀を代表するお菓子。南蛮菓子としてオランダから伝来しました。本来は船員たちの保存食だったと伝えられています。柔らかくてざっくりとした口溶けの良い美味しさが特徴です。

    ● 佐賀市 TEL.0952-20-2200(佐賀市観光協会)

さがいこコース2

玄界灘の美しさに出会う旅〈唐津市・玄海町〉

  • 鏡山展望テラス

    鏡山展望テラス

    松浦佐用姫の悲恋物語の舞台としても有名な鏡山。山頂にはこの悲恋物語にちなんだ縁結びで知られる佐用姫神社もあり、展望テラスからは、唐津湾と虹の松原が一望できます。

    ● 唐津市鏡山山頂 TEL.0955-74-3355(唐津観光協会)

  • 虹の松原

    虹の松原

    唐津湾の海浜に続く虹の松原は、国の特別名勝で、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原のひとつに数えられる景勝地です。

    ● 唐津市 TEL.0955-74-3355(唐津観光協会)

  • 唐津城

    唐津城

    展望所からは、唐津湾の全景が一望できます。また、唐津城は、別名舞鶴城ともいわれ、観光唐津のシンボルとして親しまれています。

    ● 唐津市東城内8-1 TEL.0955-72-5697

  • 七ツ釜

    七ツ釜

    国の天然記念物にも指定されている七ツ釜は、玄武岩がその波の荒々しさで知られる玄界灘の荒波にさらされてできた景勝地です。遊覧船でじっくり見学できます。

    ● 唐津市呼子町呼子4185-27 TEL.0955-82-3001 TEL.0120-425-194 (観光遊覧船マリンパル呼子)

  • 呼子朝一

    呼子朝市

    日本三大朝市の一つです。 呼子港の東側の朝市通りで、朝7時30分から12時まで毎日開かれています。約200mの朝市通りには、50軒近くの露店が並び、とれたての魚介類や加工品、野菜や花が販売されています。

    ● 唐津市呼子町呼子「呼子朝市通り」 TEL.0955-82-3426(呼子観光案内所)

  • 波戸岬

    波戸岬(はどみさき)

    波戸岬は東松浦半島に突き出た小さな岬。美しい風景はもちろん、周辺はハイキング、釣り、キャンプ、海水浴などいろんな楽しみ方ができるリゾートエリアになっています。海中から突き出た白い海中展望塔は必見です。

    唐津市鎮西町波戸 TEL.0955-51-1052(鎮西観光案内所)

  • イカの活造り

    イカの活造り

    呼子名物のイカは、透明でとろけるような舌触りで、甘みもたっぷり。下足は天ぷらや塩焼きにして美味しさを2度楽しめます。

    ● 唐津市 TEL.0955-82-3426(呼子観光案内所)

  • 唐津Qサバ

    唐津Qサバ

    九州大学と唐津市の共同研究で「美味しさ」をとことん追求した完全養殖のマサバです。天然のマサバに比べ臭みもなくほどよい脂で旨みが口の中に溢れる一度食べたらまた食べたくなる一品です。

    ● 唐津市 TEL.0955-72-9127(唐津観光協会)

  • 朝からつごはん

    朝からつごはん

    玄界灘の魚や新鮮な地野菜をたっぷり使った旅館の朝ごはん。たくさんの品数の中でも特に人気なのが「朝から茶漬け」です。唐津に泊まって、贅沢な朝の時間を過ごしませんか。
    ● 唐津市 TEL.0955-72-2015(唐津市旅館協同組合)

さがいこコース3

やきもの文化をめぐる旅〈伊万里市・武雄市・有田町〉

  • 秘窯の里 大川内山

    秘窯の里 大川内山

    江戸時代に大川内山は鍋島藩の御用窯(幕府への献上品のみを制作する窯)が設置され、一般庶民には販売されない当時の最高級品のみが製作された歴史を持つ土地です。窯元見学も可能。絵付け体験も人気です。

    ● 伊万里市大川内町乙1806 TEL.0955-23-7293(伊万里鍋島焼会館)

  • 有田ポーセリンパーク

    有田ポーセリンパーク

    ドイツにあるツヴィンガー宮殿を再現したギャラリーや、有田焼の体験工房、飲食施設、清酒、焼酎、蔵元限定酒の試飲・販売もあるお土産品売場もあります。

    ● 西松浦郡有田町戸矢乙340-28 TEL.0955-41-0030

  • 佐賀県立宇宙科学館『ゆめぎんが』

    佐賀県立宇宙科学館『ゆめぎんが』

    九州最大規模の自然科学博物館。3つ展示ゾーンで、宇宙や地球、科学について楽しく学びを深められる。高解像度の4Kプロジェクターを備えたプラネタリウムは、子どもだけでなく大人も楽しめ、リピーターのファンも多い。

    ● 武雄市武雄町大字永島16351 TEL.0954-20-1666

  • 武雄温泉 楼門

    武雄温泉 楼門

    宮本武蔵やシーボルトなど歴史上の人物も楽しんだと言われる古湯。東京駅などを設計した辰野金吾(唐津市出身)が手掛けた、朱塗りの楼門がシンボル。楼門の天井に隠された謎にせまる「楼門干支見学会」を朝限定で実施。武雄温泉新館では、やきもの体験ができます。

    ● 武雄市武雄町武雄7425 TEL.0954-23-2001(武雄温泉株式会社)

  • 武雄市図書館

    武雄市図書館

    2013年にリニューアルオープンした武雄市図書館・歴史資料館。その特徴は、図書館と書店を融合させたこと、約24万冊もの貸出図書から本を借りることはもちろん、併設された蔦屋書店で、新刊本を購入することもできるなど、本好きにはたまらない空間です。

    ● 武雄市武雄町大字武雄5304-1  TEL.0954-20-0222

  • 武雄の大楠

    武雄の大楠

    樹齢3,000年以上といわれている武雄神社の御神木。武雄神社本殿から竹林に囲まれた小道を奥に進むと、樹齢3000年の大楠に出会えます。悠々と地に根を張った姿は、思わず息をのんでしまうほどの存在感があり、見る人にパワーを与えてくれます。樹根には天神様が祭られています。

    ● 武雄市武雄町武雄5335  TEL.0954-23-7766(武雄市観光協会)

  • 武雄・北方ちゃんぽん

    武雄・北方ちゃんぽん街道

    かつて炭鉱のまちとして栄えた北方町。
    栄養があり、ボリューム満点の"ちゃんぽん"は、働く人々の胃袋を支えていました。
    閉山後もその味は受け継がれ、ちゃんぽんを提供する店が集中する国道34号沿いを『武雄・北方ちゃんぽん街道』と呼びます。

    ● 武雄市 TEL.0954-23-7766(武雄市観光協会)

  • 伊万里牛の重箱御膳

    伊万里牛の重箱御膳

    伝統の伊万里焼による重箱の器と、肉質4等級以上という伊万里産黒毛和牛を組み合わせた贅沢な御膳。

    ● 伊万里市 TEL.0955-23-3479(伊万里市観光協会)

  • 有田焼五膳

    有田焼五膳

    有田町産の鶏肉を使用した焼・酢・煮・蒸・揚の5つの料理が有田焼の器を彩り、有田の各店が創意工夫して目と舌と心を愉しませてくれる、ご当地グルメ。

    ● 有田町 TEL.0955-43-2121(有田観光協会)

さがいこコース4

家族の笑顔があふれる旅〈鳥栖市・神埼市・吉野ヶ里町・基山町〉

  • 大興善寺

    大興善寺

    717年、行基が開山した天台宗のお寺である大興善寺は、別名「つつじ寺」と呼ばれるほどのつつじの名所です。本堂の裏山一帯のつつじ園は、見頃の季節は約5万本のつつじで埋め尽くされます。
    見頃/つつじ[4月中旬〜5月初旬]、紅葉[11月頃]

    ● 三養基郡基山町園部3628 TEL.0942-92-2627

  • 鳥栖プレミアム・アウトレット

    鳥栖プレミアム・アウトレット

    カリフォルニア州南部の美しい街並みをイメージした、国内外の有名ブランド約150店舗が揃う九州を代表するアウトレット。2019年秋に第4期増床を予定しています。

    ● 鳥栖市弥生が丘8-1 TEL.0942-87-7370

  • 中冨記念くすり博物館

    中冨記念くすり博物館

    くすりをテーマとした珍しい博物館。鳥栖市東部と基山町の一帯は江戸時代に「田代売薬」と呼ばれる配置売薬(置きぐすり)産業が興り栄えた地で、佐賀県重要有形民俗文化財である資料を見ることができます。

    ● 鳥栖市神辺町288-1 TEL.0942-84-3334

  • 吉野ヶ里歴史公園

    吉野ヶ里歴史公園

    弥生時代の遺跡の中でも吉野ヶ里遺跡は、推定2.5kmの壕に囲まれた日本最大級規模の環壕集落跡です。遺跡には、物見やぐら、竪穴式住居等が復元され、弥生時代の雰囲気を体験できます。

    ● 神埼郡吉野ヶ里町田手1843 TEL.0952-55-9333

  • 九年庵

    九年庵(くねんあん)

    9年の歳月をかけて築かれた九年庵。数寄屋造りの邸宅と筑紫平野を借景にした庭園には、ツツジやモミジなどが植栽され、自生の木立や一面に生えたスギゴケが美しい風情を漂わせます。新緑と紅葉の時期にだけ一般公開されています。

    ● 佐賀県神埼市神埼町的 TEL.0952-37-0107(神埼市商工観光課)

  • 山田ひまわり園

    山田ひまわり園

    鮮やかな山吹色の大輪を咲かせる秋のひまわりは、夏のひまわりとは一味違った趣があり、晩秋の青空や鷹取山のハゼの紅葉に映えて見ごたえがあります。

    ● みやき町大字蓑原  TEL.0942-96-4208(みやき町観光協会)

  • とりこどん

    とりこどん

    「とりこどん」のルールは、唯一「鶏肉と卵」を使うこと。ロコモコ風や中華風、スパゲッティなどバラエティ豊富で、各店舗の違いが楽しめる、鳥栖のご当地グルメです。

    ● 鳥栖市  TEL.0942-83-8415(鳥栖観光コンベンション協会)

  • 神埼めん懐石

    神埼めん懐石

    390年の伝統ある神埼そうめんと、その昔から割烹文化が息づいている神埼の豪華なコラボ。各店舗で独自のメニューがお座敷で静かにゆっくりと食べるリッチな昼食です。

    ● 神埼市 TEL.0952-37-0107(神埼市商工観光課)

  • 綾部のぼたもち

    綾部のぼたもち

    風の神様として知られる綾部神社の参道の茶店にて販売されています。縁起が良い、幸福を招く「ぼたもち」とされ、家内安全のご利益があると言われています。

    ● みやき町  TEL.0942-96-4208(みやき町観光協会)

さがいこコース5

こころを癒す大人旅〈鹿島市・嬉野市・太良町〉

  • 祐徳稲荷神社

    祐徳稲荷神社

    伏見稲荷と笠間稲荷とともに日本三大稲荷に数えられる神社。木々の緑に映える建物の鮮やかな朱色が印象的で、圧倒されるばかりの美しさ。ご本殿下にある「岩崎社」は縁結びの神様として知られ、女性の人気を集めています。

    ● 鹿島市古枝乙1855 TEL.0954-62-2151

  • 大魚神社の海中鳥居

    大魚神社の海中鳥居

    約300年前、住民たちは、満潮時に沈みかけてしまう沖ノ島(太良町)に悪代官を残して懲らしめようとしたところ、大魚(ナミウオ)が現れて、代官を助けたそうです。それ以来改心した悪代官が、大魚神社と海中鳥居を建立したとされています。

    ● 藤津郡太良町多良1874−9 TEL.0954-67-0065(太良町観光協会)

  • うれしの茶交流館 チャオシル

    うれしの茶交流館 チャオシル

    釜入り茶発祥の地、嬉野。受け継がれてきた歴史と技術改良を後世に伝えるため、「うれしの茶」に関する貴重な資料の保存・展示、お茶の淹れ方教室、体験などができる施設です。

    ● 嬉野市嬉野町大字岩屋川内乙2707番地1 TEL.0954-43-1991

  • 嬉野温泉

    嬉野温泉

    伝統ある大旅館が立ち並び、風情と歴史を感じさせる温泉街の嬉野温泉。江戸時代には長崎街道の宿場町として栄え、シーボルトも訪れたそうです。湯上がりはまるで一皮むけたようなつるつるスベスベの肌になり、「日本三大美肌の湯」としても有名です。名物「温泉湯どうふ」もオススメ。

    ● 嬉野市 TEL. 0954-43-0137(嬉野温泉観光協会)

  • ガタリンピック

    ガタリンピック

    毎年5月下旬〜6月初旬頃に開催される干潟(ひがた)の上のオリンピック。日本一干満の差がある有明海の干潟を利用して、どろんこになりながら、ユニークな競技を競うスポーツ(?)の祭典です。

    ● 鹿島市音成甲4427-6   TEL. 0954-62-3942(鹿島市観光協会)

  • 肥前浜宿

    肥前浜宿 酒蔵通り

    浜川の河口につくられた在郷町で、江戸時代には長崎街道の脇街道である多良海道の宿場町として栄えました。今でも酒蔵が残るまちなみは通称「酒蔵通り」と呼ばれており、平成18年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

    ● 鹿島市浜町乙2696番地  TEL. 0954-62-3942(鹿島市観光協会)

  • 竹崎かに

    竹崎かに

    「ガザミ」と呼ばれるワタリガニの一種。夏から秋にかけて、最も味が良いといわれていますが、冬の内子を持ったメスガニも美味しく、年間を通して観光客に人気。おすすめの食べ方は塩茹で。カニ本来の味が堪能できます。

    ● 太良町 TEL. 0954-67-0065(太良町観光協会)

  • 竹崎カキ

    竹崎カキ

    大粒で焼いても縮みにくい竹崎カキ。濃厚な味で甘みがあるのが特徴です。11月〜4月頃には10数軒のカキ焼店舗が賑わいます。通称:たらカキ焼海道

    ● 太良町 TEL. 0954-67-0065(太良町観光協会)

  • 温泉湯どうふ

    温泉湯どうふ

    嬉野温泉名物。温泉水の作用で煮汁が豆乳色に変わり、とろとろの豆腐に。その食感と味わいは、やみつきになります。

    ● 嬉野市 TEL. 0954-43-0137(嬉野温泉観光協会)

Tweet