鳥栖観光コンベンション協会ボランティアガイド

鳥栖駅は1889年(明治22年)に開通した九州でも最も古い駅の一つです。その後、1903年(明治36年)に現在の場所へと移設、以来「交通の要」としての役割を担ってきました。駅舎を覗くと、開通当時の明治を彷彿とさせる建築が当時の街の姿を思い起こさせます。駅周辺の繁華街には特徴のある恵比須像が存在し、ガイドさんの案内の元、楽しく巡ることができます。鉄道の街と呼ばれたまちなかをぶらりと歩いてみませんか?

鳥栖観光コンベンション協会ボランティアガイド

鳥栖駅周辺コース[所要時間/約40分]

  • 鳥栖観光コンベンション協会ボランティアガイド

    1.鳥栖駅

    アールヌーボー風に建てられた鳥栖駅の駅舎には天井張りのトラス組立てや、唐草などのあしらいが見られます。

  • 鳥栖観光コンベンション協会ボランティアガイド

    2.待合室の暖炉

    新設当時の上等待合室にあったとされる暖炉が今も駅舎に保存されています。

  • 鳥栖観光コンベンション協会ボランティアガイド

    3.鳥栖駅ホーム

    鳥栖駅のホームには開通当時にあったとされる古いレールが鉄柱と使用されています。時間の移り変わりを感じますね。

  • 鳥栖観光コンベンション協会ボランティアガイド

    4.赤えびす

    鳥栖駅周辺の恵比寿めぐりでまずおとずれたさすらいの赤えびす。名前の通り赤色が目を引きます。

  • 鳥栖観光コンベンション協会ボランティアガイド

    5.威風堂々恵比須

    威風堂々恵比寿と名付けれられたこちらの像は細かい描写でつくられており、存在感を放っています。

  • 鳥栖観光コンベンション協会ボランティアガイド

    6.好々爺えびす

    眺めていると、どこかほっとするお顔立ちの好々爺えびす。

  • 鳥栖観光コンベンション協会ボランティアガイド

    7.中央市場えびす

    白い口紅と、鯛の赤い色が印象的な中央市場えびす。

  • 鳥栖観光コンベンション協会ボランティアガイド

    8.石碑

    安生寺の境内には、禁門の変で戦死した津田愛之助(中)と青木与三郎(左)の碑が並んでいます。

  • 鳥栖観光コンベンション協会ボランティアガイド

    9.賀島兵介の碑

    鳥栖で善政を施した賀島兵介の碑。安生寺のすぐそばに構えています。

鳥栖観光コンベンション協会ボランティアガイド

/鳥栖市元町1380-5(鳥栖観光コンベンション協会内)
ガイド人数/10名
対応時間/8:30~17:00
ガイド料金/無料
受入人数/旅行会社のツアー対応 可能
外国語対応/なし
予約受付時間/平日8:30~17:15
申込締切/10日前までの要予約
申込方法/TEL、FAX、MAILのいずれかでお申し込みください
FAX申込書(⇒観光ガイド申込書.xls・⇒観光ガイド申込書.pdf
/TEL.0942-83-8415、FAX.0942-55-3867
mailinfo@tosu-kanko.jp
WEBサイトhttp://www.tosu-kanko.jp/

歴史コース

所要時間/約40分、駐車場/なし(ご相談ください)

鳥栖駅周辺コース

所要時間/約40分、駐車場/なし(ご相談ください)

博物館コース

所要時間/約40分、駐車場/あり(くすり博物館駐車場)

Tweet