肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会

豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に出兵拠点として築いた肥前名護屋城を歩き、歴史テーマだけでなく新たな地域の魅力を発見できるコース。全国の名だたる戦国武将が集結し、130以上もの大名の陣が築かれた肥前名護屋城は、大坂城に次ぐ大きさだけでなく、世界史にも類を見ない規模の外征作戦拠点として、当時の日本における政治経済や文化の中心となりました。国の特別史跡にも指定されている名護屋城跡や各陣跡などをめぐり、戦国時代へのタイムスリップが楽しめます。

肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会

陣跡めぐりコース[所要時間/約60分]

  • 肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会

    1.前田利家陣跡①

    豊臣政権五大老のひとり。8000人の兵を率いて名護屋城へ赴いたきました。

  • 肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会

    2.前田利家陣跡②

    陣には文禄2(1593)年に名護屋を訪れた明国使節団を接待した館があったとされています。

  • 肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会

    3.前田利家陣跡③

    野面積みという技法で造られている石垣には、石を割る時に使ったくさびの跡などを見ることが出来ます。藩によって石の使い方が異なっているので、見比べながらの散策もぜひ。

  • 肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会

    4.山里口①

    肥前名護屋城へと至る入り口は5つあり、そのうち最も秀吉の居住空間へ近い入り口が山里口。秀吉は1年1ヶ月間、この地に滞在しました。

  • 肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会

    5.山里口②

    1年余りの滞在中、秀吉は大阪から黄金の茶室を移設させ、茶会も催していたとされています。秀吉の居住空間として使われた山里口には、陶板で城の様子を図解した案内版があります。

  • 肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会

    6.広沢寺のソテツ

    加藤清正公が朝鮮出兵の折、赴任地から持ち帰ったというソテツが広沢寺に残されています。

  • 肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会

    7.秀吉の遺髪塚

    広島市の国泰寺から譲り受けたという秀吉の遺髪をまつった塚。昭和6(1931)年に建立されました。

  • 肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会

    8.名護屋浦

    千艘隠ヶ浦と称された深い入り江は、外海から見えないことや、内海で穏やかなことから、城を構えるのに最適な地として秀吉に選ばれました。博多港からよりも朝鮮へ近いこと、壱岐対馬や松島など、中継地点も確保できるなどの点からも、重要な場所であったことが伺えます。沿岸の住人はほぼ漁師で、朝鮮出兵の折は水先案内人として活躍したと言われています。

  • 肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会

    9.法光寺の秀吉お手植えの桜

    法光寺には、420年前に秀吉が植えたと伝わる八重桜があります。法光寺はかつて名護屋城大手門の南側にありましたが、朝鮮へ出兵するのに死人を連想させる寺があっては不吉と、現在地に移ることになりました。その詫びにと秀吉は、伊達政宗に命じて塩釜から取り寄せた八重桜を植えたと言われています。桜の季節にはお花見ウォークとしてコースに加えられています。

肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会

/唐津市鎮西町名護屋1859(道の駅桃山天下市内 鎮西町観光案内所)
ガイド人数/20人
対応時間/9:00~15:30(スタート)
ガイド料金/200円~2000円 ※コースにより異なる(移動にかかる料金は含まれません)
受入人数/1名~15名まで
外国語対応/なし
予約受付時間/9字~17時
申込締切/1週間前までの要予約
申込方法/TEL、MAILのいずれかでお申し込みください
/TEL.0955-82-5774、FAX.0955-51-1053
WEBサイトhttp://nagoyajyo-rekishi.com/

城内ガイドコース

所要時間/約40分、駐車場/あり(名護屋城博物館駐車場)

バーチャル名護屋城コース

所要時間/約60分、駐車場/あり(名護屋城博物館駐車場)

屏風絵めぐりコース

所要時間/約40分~120分、駐車場/あり(道の駅桃山天下市)

陣跡めぐりコース

所要時間/約60分、駐車場/あり(名護屋城博物館駐車場)

九州オルレ唐津コース

所要時間/約4時間~5時間、駐車場/あり(道の駅桃山天下市)

名護屋浦歴史クルーズ

所要時間/約35分、駐車場/あり(市営駐車場)

Tweet