武雄温泉楼門100周年&宇宙科学館リニューアル この夏、武雄がアツい!

武雄温泉楼門100周年&宇宙科学館リニューアル この夏、武雄がアツい!

1300年の歴史を持つ武雄温泉。そのシンボルといえる楼門は今年、築100周年を迎え、各種イベントが行われています。また、耐震工事のため休館中だった佐賀県立宇宙科学館は工事が終わり、7月11日にリニューアルオープンしました。この夏、ますますアツい武雄へご案内します。

※この情報は2015年7月時点のものです。

朱塗りの武雄温泉楼門は今年、築100周年!

 武雄温泉は1300年前の『肥前国風土記』に記述されるほど歴史が古く、神功皇后が入浴されたと伝わり、江戸時代には宮本武蔵やシーボルト、伊達政宗、伊能忠敬らが入浴したといわれています。
 その温泉のシンボルといえるのが、楼門(国指定重要文化財)です。東京駅を設計した辰野金吾氏(唐津市出身)によるもので、竜宮城を思わせる朱塗りの色と形に特徴があります。東京駅の天井には8つの干支の絵が描かれており、なぜ8つなのか謎でしたが、楼門を修復する際、その2階天井に残り4つの干支の絵が見つかり、足すと十二支になるため、辰野氏のユーモアあふれる建築が大変話題を呼びました。


竜宮城へいざなうようなロマンあふれる武雄温泉楼門。辰野金吾氏が手がけた木造2階建ての天平式楼門で、釘一本使っていないといわれます。


武雄の朝を満喫する「朝活」プログラムに、楼門の天井絵などを見学できる「楼門干支見学会」(ボランティアガイドの解説付き)があります。


武雄温泉は日帰り入浴できます。写真は武雄領主・鍋島氏の専用風呂としてつくられた総大理石の貸切湯「殿様湯」。シーボルトも入浴したとか。

楼門&御船山楽園をライトアップ!「チームラボ」との競演も

 大正4(1915)年に完成した武雄温泉楼門は今年、築100周年を迎えます。それを記念して「武雄温泉楼門100周年まつりだ!WAっしょい!!キャンペーン」を実施中です。特にこの夏は、メインイベントである「佐賀・武雄のあかり~未来を照らす武雄のあかり展~」が開催されています。
 これは武雄の人気スポットをさまざまなあかりで彩るイベントで、武雄温泉楼門もライトアップされています。目玉はアート集団「チームラボ」とのコラボによる御船山楽園のプロジェクション。池の水面に浮かび上がる映像の鯉が小舟の動きに反応し、水面を泳ぐようにして作品を描いていきます。また御船山楽園の庭園や、パワースポットとして人気の高い武雄の大楠もライトアップ。いつもと違う神秘的で幻想的な風景を楽しめます。


毎週末、築100周年を記念して武雄温泉楼門と新館をライトアップ。朱塗りが光によって輝きを増し、いっそう美しく見えます。


池の水面のプロジェクションは世界初。自然と光による美しいアートの世界を展開します。御船山楽園の入園料で見学できます。


御船山楽園の15万坪の庭園を5千個の竹灯籠やハスの花をイメージした光のオブジェ、光のカーテンで彩り、池の水面に水灯籠を浮かべています。


七色に輝く灯籠も。回遊式庭園ならではの演出を楽しめます。春のツツジ、秋の紅葉とはまた違う表情をお楽しみください。


樹齢3千年の武雄の大楠もライトアップ。大楠はもちろん、光に青々とした周辺の竹が映えてより神秘的な風景が広がります。


市内の約40の窯元の作品を展示販売している武雄焼陶磁器ショップ「緑青」。今回、「あかり」をテーマにランプシェードや灯籠などを展示販売します。

■DATA
楼門100周年記念事業「佐賀・武雄のあかり」~未来を照らす武雄のあかり展~
○期間:開催中~2015年8月31日(月)
○会場/時間/料金/お問合せ:
▶ 御船山楽園(佐賀県武雄市武雄町武雄4100)/19時30分~22時/入園料大人500円(小人300円)/御船山楽園TEL0954-23-3131
▶ 武雄市図書館(佐賀県武雄市武雄町5304-1)/館内;9時~21時・館外;毎週金・土曜と8月13日~15日の19時30分~21時/無料/武雄市図書館TEL0954-20-0222
▶ 武雄の大楠(佐賀県武雄市武雄町武雄5330武雄神社)/毎週金・土・日曜の19時30分~22時/無料/武雄市観光協会TEL0954-23-7766、武雄市観光課TEL0954-23-9237
▶ 武雄温泉街(佐賀県武雄市武雄町武雄7425)/毎週金・土・日曜の19時30分~22時/無料/武雄市観光協会TEL0954-23-7766、武雄市観光課TEL0954-23-9237
▶ 武雄焼陶磁器ショップ「緑青」(佐賀県武雄市武雄町武雄7266)/水曜を除く9時~18時/無料/武雄市観光協会TEL0954-23-7766
○交通:JR武雄温泉駅から武雄温泉街まで徒歩15分
○お問合せ:武雄市観光協会TEL0954-23-7766、武雄市観光課TEL0954-23-9237
※参考:武雄市観光協会ホームページ
    御船山楽園ホームページ

宇宙科学館リニューアルオープン。新しい展示物も登場!

 佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」は九州最大規模の自然科学系博物館。工事のため、昨年から休館していましたが、その工事も終わり、リニューアルオープンしました。館内は、地球発見ゾーン、宇宙発見ゾーン、佐賀発見ゾーンに分かれ、さまざまな体験を通して自然科学や宇宙の不思議に触れることができます。
 新アトラクション「スペースサイクリング」は、4.5mの高さに張られたロープを自転車で渡るというもの。頭上には月の模型があり、それを見ながら自転車をこぐとまるで映画『ET』みたい!? 下ばかり見て怖がっていたココイコ記者も3回目にしてやっと「わー、月だー!」と楽しめました。小学生の皆さんのほうがスイスイいけそうです。
 「アースシアター」は体験型のミニシアター。画面に映し出されるメッセージに合わせて動きながら、地球に関する知識を学んでいきます。
 宇宙飛行士の訓練を擬似体験できる「宇宙トレーナー」や月面歩行を体感できる「ムーンウォーク」はそのまま残っていますよ。


佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」は1~3階までの展示室と、プラネタリウム、天文台、レストラン、ミュージアムショップを併設します。


新登場の「スペースサイクリング」。空中に張ったロープを自転車で渡るいわば自転車の綱渡り。胸をはって前を向くのがうまくいく秘訣なのですが...。


高さ4.5m。科学の原理で落ちないと分かっていても、下を向くと怖い...。しかし、そのスリルが快感となって何度も試したくなります。


「アースシアター」はゲーム感覚で遊びながら地球について学ぶ体験型シアター。パネルに表れるメッセージに従って全身を使うので、いい運動になります。


月面歩行を体感できる「ムーンウォーク」。無重力空間のふわふわした感じは体験してみないとわかりません。宇宙へ行くのは大変だけど、ここなら簡単。


「宇宙トレーナー」は360度グルグルと回り、宇宙飛行士の訓練を擬似体験できます。目を回さないように気をつけて!

夏休みの自由研究は宇宙科学館にお任せ

 夏休みの自由研究に困ったら、ここ宇宙科学館へ行きましょう。同館では夏休み期間中、ワークショップを開いています。スライムをつくる実験や、佐賀の川に生息する魚へのエサやり体験、太陽観察など、その内容もさまざま。例年大好評の「自由研究道場」は今年も実施されます。12種類の科学ネタが準備されていて、参加料は100円とお手ごろ。好きなものにチャレンジしてみましょう。
 また、5億年の間、海に生息した生物の骨格標本や化石(レプリカ含む70点以上)を展示した企画展「海王展~海の支配者たちの系譜~」も開催中です。プラネタリウムには、くまモンが登場する新プログラムが登場。天文台では観望会も開催されており、大人から子どもまで楽しめます。


ワークショップや「自由研究道場」で夏休みの宿題を終わらせましょう。


全12mのクビナガリュウやザラファサウラ属の仲間の骨格標本(日本初公開)を展示した「海王展」を開催中です(9月27日まで)。


「青空天文台」や「天体観望会」などが行われ、「天文祭2015」(8月22日)や「宇宙の日講演会2015」(9月12日)も開催されます(要申込)

■DATA
佐賀県立宇宙科学館
○住所:佐賀県武雄市武雄町永島16351
○開館時間:火~金曜9時15分~17時15分(土・日・祝日18時まで、春休み・GW・夏休み19時まで)
○休館日:月曜(春休み・GW・夏休みは休みなし)、2015年9月1日(火)~4日(金)、12月29日(火)~31日(木)
○料金:
・常設展示/大人510円・高校生300円・小中学生200円・幼児100円
・プラネタリウム/大人510円・高校生300円・小中学生200円・幼児100円
・当日セット(常設展示+プラネタリウム)/大人910円・高校生540円・小中学生360円・幼児180円
○交通:JR武雄温泉駅からタクシーで約10分、又は祐徳バス・永島バス停から徒歩15分。長崎道武雄北方インターから車で約15分
○お問合せ:TEL0954-20-1666

Tweet