見て触れて遊びながら学ぼう!玄海町次世代エネルギーパーク「あすぴあ」

見て触れて遊びながら学ぼう!玄海町次世代エネルギーパーク「あすぴあ」

 佐賀県の西端・玄海町に2013年7月にオープンした「玄海町次世代エネルギーパーク あすぴあ」。ここはその名の通り、太陽光や風力、水力、水素、バイオマスなどの新しいエネルギーを紹介する施設です。さまざまなパネルや装置、スタンプ、クイズを使ってエネルギーの仕組みを説明し、目で見て、また手で触れてわかるようになっています。「へぇー」と驚く子どもの傍らで大人も「ほぉー」と納得。子どもから大人まで遊びながら楽しく学べます。夏の自由研究に、さっそく出かけてみませんか。

※この情報は2014年8月時点のものです。

天気のいい日は風力&太陽光エネルギーを装置で学ぼう

 まずは2階の総合案内へ行きましょう。会話ができるロボットの「wakamaru」が出迎えてくれます。また各コーナーにスタッフがいて、館内のガイドをしてくれますよ。
 天気が良ければ4階の「風の庭」から見学しましょう。「風の庭」は風力を知るフロア。風見鶏やシャボン玉マシーンによって風の向きや強さなどがわかります。
 3階の「光の庭」は太陽光を知るフロア。色や素材の違うパネルが置いてあり、手で触ってそれらの違いを理解することができます。日時計も理科の授業やニュースで聞いたことでも、こうして実際に目で見て手で触れると、より深く理解することができます。


エネルギーを学ぶ施設「あすぴあ」4階から見た全景。バーベキュー広場や草スキーができるソリゲレンデ、ピクニック広場、ふれあい農園などがあります。


総合案内でお客様を出迎えるロボット「wakamaru」。「こんにちは」「お名前は?」と話しかけると答えが返ってきます。会話を楽しんでみてね。


太陽光パネルなどを説明してくれるスタッフの「タニー」さん。パネルにわかりやすく解説されていますが、実際に教えてもらうとより一層わかりますね。


4階に設置された風見鶏。風の向きがわかり、クルクルクルと速く回転すれば、それだけ風が強い証拠です。風力を色で示すサボニウス風車もあります。


時間を示す「日時計」。8月なら8月のところに立つと、今の時間がわかります。この日は6月の正午前だったのですが...。腕時計を見ると、ピッタリ正解!


ひと言で「太陽光パネル」と言っても、色や構造の違うものが各種あるんですね。太陽電池は、太陽の7色の光のうち何色を使っているかご存知ですか?

「ミッション」にチャレンジ!

 1階の展示室は、スタンプやクイズ、おもちゃを通して新しいエネルギーを知るフロアです。ここで注目を集めるのは、100数種類のスタンプが並ぶ「エネルギーアイランド」。カウンターで「スタンプシート」をもらい、シートに合うスタンプを探して押しましょう。高学年向けのスタンプはなかなか難しく、記者は低学年向けの簡単なスタンプに挑戦しました。
 子どもたちは、「ミッションノート」にぜひチャレンジしてください。ミッションに従って館内を巡り、エネルギーの謎を解くことができます。ただ見て回るだけでなく、せっかくなら知識を蓄えて帰りましょう。
 また、手をかざすと映像が映る「てのりエナジー」や自分のアバター(分身)を動かしてエネルギーを探す「アースラボ」など、テクノロジーを使ったものもあります。ゲーム感覚で楽しめるところがいいですね。


100数種類のスタンプが並ぶ「エネルギーアイランド」。クイズタイプとぬり絵タイプの「スタンプシート」があり、書かれた項目のスタンプを押します。


童心に返り、夢中でスタンプを押す記者。しかし、スタンプをなかなか探し出せず、苦労しました。子どものほうが上手かもしれませんね。


展示室カウンターのスタッフの皆さん。「スタンプシート」や「ミッションノート」はここで受け取ります。隣にテーブルや椅子があり、ぬり絵もできます。


幼児~低学年向け「ぬり絵」タイプの「スタンプシート」。季節に応じたものを用意し、スタンプを押したシートはお土産として持ち帰ることができます。


ミッションに従って館内を巡り、エネルギーの謎に迫る「ミッションノート」(1冊100円)。全部で7種類あります。知識を深めるにはピッタリ!


小さなお子様には「ミッションノート」でなく、こちらの「ぬりえスタンプラリー(1冊100円)」がおすすめ。スタンプを押しながら館内を巡り、スタンプを集めるとシールをもらえます。


たわしやペットボトルなどで作ったおもちゃがあります。太陽光ミニパネルを乗せた自動車や息を吹きかけて走る自転車など、どれもユニーク!


手をかざすと、あら不思議! 手に映像が映し出されます。「そーらりん」「うぉった」「ふうたん」「もりーん」のどの妖精が姿を見せるかな?


ドーム状の館内へ入ると、昆虫が自分のアバター(分身)になって自然の中を駆け回ります。しゃがんだり、立ち上がったりしてアバターを動かしてみましょう。

水素や太陽電池で走るカートでGO!

 館内で十分遊んだつもりでも、まだまだ楽しみは終わりません。屋外に出て、これからますます身近な存在になる自動車&トレインを体験しましょう。
 「次世代交通展示室」には、水素エネルギーの仕組みを解説するコーナーがあり、燃料電池を積んで走る「電動カート」が用意されています。子どもも大人も乗れるので、実際に乗って試してみましょう。
 広い園内を走るのは、「ロードトレイン」です。これは天井に太陽光パネルを乗せ、充電しながら走ります。これを見ると、本当に太陽の恵みに感謝したくなりますよ。
 屋内外を通して1日中楽しめる「あすぴあ」。学校の社会科見学や地域活動などの団体も受け付けています。ぜひご利用ください。


燃料電池や太陽電池を乗せた電動カート。遊園地のゴーカートほどスピードは出ませんが、エネルギーの仕組みを知って乗ると楽しいですよ。(小・中学生100円、大人200円、未就学児無料)


太陽エネルギーで走る「ロードトレイン」(12人乗り)と運転するスタッフ。車内天井のモニターで発電量を見ることができます。無料運行中です。


水力を紹介する1階「水の庭」コーナー。「水鉄砲」は水の力を使った原始的なおもちゃですね。濡れることもあるのでご用心。

DATA
玄海町次世代エネルギーパーク「あすぴあ」
○住所:佐賀県東松浦郡玄海町今村4560-1
○時間:9時~17時
○休み:第3月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月2日)
○交通:JR西唐津駅から車で約30分、長崎自動車道多久インターから厳木多久有料道路経由で約70分、西九州道浜玉インターから車で45分 
○料金:入館料無料
 ・有料プログラム/電動カート大人200円・小中学生100円・未就学児 無料、アースラボ大人200円・小中学生100円、ミッションノート100円、ぬりえスタンプラリー100円(各税込)
 ※天候に左右されるプログラムもあります。
○夏のイベント:「サマーフェスタ2014」チラシ(PDF)
○お問合せ:TEL0955-51-3080

Tweet