佐賀の花めぐり② ボタン、シャクナゲ...春の花の名所へ

佐賀の花めぐり② ボタン、シャクナゲ...春の花の名所へ

満開の桜、ライトアップされた夜桜、はらはらと舞う桜。どれも素敵ですよね。皆さん、花見を楽しみましたか? 桜が散ってしまうのは寂しいけれど、まだまだ花見シーズンは続きます。ボタン、シャクヤク、シャクナゲ、ベゴニアたちがスタンバイして、皆さんの来訪を心待ちにしています。開花状況をチェックしてお出かけくださいね。

※この情報は2016年3月時点のものです。

佐賀北部 ボタン・シャクナゲ・ベゴニア

ボタン&シャクヤク80種が次々と ぼたんと緑の丘(唐津市肥前町)

 高台にある「ぼたんと緑の丘」は、ボタン園としては九州最大級を誇ります。園内には山や池を配した築山林泉回遊式の日本庭園にボタン園が3000坪、それとは別にシャクヤク園が3000坪という広さ。品種も多く、中国、アメリカ、フランスなど世界各国のボタンが80種2500株、シャクヤクは30種3万本が、次々に花開きます。
 4月1日から開園し、例年4月中旬からボタンから見ごろとなり、その後シャクヤクが花をつけていきます。
◇イベント; 4月15日(金)~5月8日(日)「ぼたんと芍薬まつり」
◇周辺スポット;唐津市国民宿舎いろは島ふれあい自然塾ひぜん大浦の棚田浜野浦の棚田

○住所:唐津市肥前町万賀里川373-39
○駐車場:あり
○料金:中学生以上510円、小学生300円
○お問合せ:ぼたんと緑の丘公園事務所TEL0955-53-2032、ぼたんと芍薬まつり実行委員会(唐津市肥前市民センター内)TEL0955-53-7145
※参考:唐津観光協会ホームページ

岸岳城の名残を伝える県の天然記念物 切木(きりご)ぼたん(唐津市肥前町)

 「ぼたんと緑の丘」から車で約5分の静かなまちにこの花が咲くと、まちは賑わいを見せ始めます。唐津市肥前町切木地区に住む、出(いで)さんの庭に咲く「切木(きりご)ぼたん」です。今から約400年前、出さんの祖先が波多氏の居城だった岸岳城跡を訪れた際、城跡に咲くぼたんを見つけ、村に持ち帰って大切に育ててきたといわれます。約7m四方に広がる枝ぶりから何株にも見えますが、実は1株です。その大きさ、花の美しさを見れば、いかに丹精こめて育ててきたか、わかります。花が咲く頃、「切木ぼたんだんご」の販売もあります。
◇周辺スポット;ぼたんと緑の丘公園、切木農産物直売所

○住所:唐津市肥前町切木(きりご)乙333
○駐車場:なし
○料金:無料
○お問合せ:出(いで)直登さんTEL0955-53-2153、唐津市肥前市民センターTEL0955-53-7145 
※参考:唐津観光協会ホームページ

樹齢200年、枝張りが見事 志気(しげ)のシャクナゲ(唐津市北波多)

 唐津市北波多の隠れた花スポット、志気(しげ)のシャクナゲ。江戸時代、この地に住む人が唐津城の石垣修理の際に城内のシャクナゲを褒美として賜ったものだとか。筑紫シャクナゲという品種で、樹齢は200年を超えるといいます。高さは約5m、枝張りは3~5mという大きな木です。その周りを囲むように20数株のシャクナゲが咲きます。
◇周辺スポット;岸岳ふるさと館岸岳城跡

○住所:唐津市北波多志気2970
○駐車場:あり
○料金:無料
○お問合せ:唐津市北波多市民センター産業課TEL0955-53-7135、唐津観光協会TEL 0955-74-3355

世界各国1200種のベゴニアガーデン ポンポコ村

 鏡山の中腹にある「ポンポコ村」。名前からはイメージしにくいでしょうが、ここはハウスの中に世界各国のベゴニアを集めたベゴニアガーデンです。今年19年めを迎えた同村のベゴニアは、園主が苗を集めて育てたもので、今では約1200種類にまで増えました。園のどこを眺めても色とりどりの花が咲き誇り、中には「これもベゴニア!?」と思うような花や市場にあまり出回っていないものもあります。
 6月中旬までがピークですが、花は一年中咲き、巨大なリクガメやミドリガメ、ウーパールーパーなどの小動物コーナーもあり、家族で楽しめます。飲み物やケーキを味わえるカフェを併設し、ここから見る眺めは抜群!
◇周辺スポット:マリンセンターおさかな村鏡神社ブーゲンの森

○住所:唐津市浜玉町浜崎鏡山中腹
○入園料(税別):大人:540円(高校生以上) 子ども:320円(小中生) 幼児:保護者同伴にて無料
○駐車場:あり
○お問合せ:ポンポコ村 TEL 0955-56-8580

カラフルな花々のカーテン ブーゲンの森(唐津市浜玉町)

 赤、ピンク、白、黄色、紫と、色あでやかな花が頭上から降り注ぐ「ブーゲンの森」。ここはその名の通りにブーゲンビリアの花園です。約30種200本があり、花は今からピークを迎えます。中でも入口からすぐの場所にある1本は、樹齢約23年。大切に管理されてきたもので、見応え十分です。
ブーゲンビリアのアーチをくぐったり、花に囲まれたベンチやカフェでくつろいだりして、リフレッシュしましょう。
◇周辺スポット:ポンポコ村

○住所:唐津市浜玉町横田下695-3
○入園料:中学生以上400円、小学生200円
○定休日:7~9月までは管理のため休園 それ以外は1月1日のみ休み
○駐車場:あり
○お問合せ:ブーゲンの森 TEL 0955-70-5757
※ブーゲンの森ホームページ(Facebook)


「ぼたんと緑の丘」の花々は立てばシャクヤク、座ればボタン~の言葉通りに見事!「ぼたんと芍薬まつり」期間中は苗の販売もあります。


「ぼたんと緑の丘」は庭園やアスレチック遊具などを併設し、ファミリーで楽しめます。園内をぐるりと回れば良い運動に。


個人宅の庭先に咲く「切木ぼたん」は、代々、大切に育てられてきました。濃いピンク色の美しい花を咲かせます。名物のだんごも賞味して!


「志気のシャクナゲ」は小さな谷を挟んで見る格好になり、花まではやや遠いのですが、自然の中でのんびりと眺めることができます。


ビニルハウスで温室効果のある「ぽんぽこ村」。世界各国の珍しいベゴニアを楽しめます。眺望抜群のカフェを併設しています。


ブーゲンビリアとひと言でいっても品種は多く、色もカラフル! 園内にはカフェがあり、ドリンクを味わえます。

佐賀東部 シャクナゲ

樹齢400年&1万本の見事な花に注目 浄徳寺のシャクナゲ(神埼市脊振町)

 別名「シャクナゲ寺」と呼ばれる浄徳寺(じょうとくじ)。旧本堂へ向かう参道を登りきったところで迎えてくれるのが、日本シャクナゲの「弁財天シャクナゲ」です。佐賀県木15本の一つに数えられ、高さ約6m、枝は樹冠6.5mもあります。樹齢は約400年といわれ、満開になると花の滝のような様相を見せてくれます。
寺の裏に回ると、山に筑紫シャクナゲ、西洋シャクナゲなど約1万本が咲き誇ります。散策路があり、間近に花を見ることができます(お寺には旧本堂、新本堂があり、花は旧本堂側で見れます)。
まつり期間の土・日曜は、津軽三味線のミニライブなどが予定されています。
◇イベント:4月16日(土)~5月8日(日)頃「浄徳寺まつり」
◇周辺スポット:高取山わんぱく王国そよかぜの丘

○住所:神埼市脊振町服巻950
○駐車場:あり
○料金:「シャクナゲまつり」期間中 大人500円
○お問合せ:浄徳寺 TEL 0952-59-2317、神埼市観光協会 TEL 0952-37-0107
※参考:神埼市観光協会ホームページ

佐賀中部 シャクナゲ

新しくシャクナゲ園が完成 高野寺

 武雄の「シャクナゲ寺」といえば、ここ高野寺(こうやじ)です。今から1200年前、弘法大師によって開かれた古刹です。「癇癪(かんしゃく)の元である悩みや苦しみを投げ捨て、明るく元気に過ごしてもらいたい」と、裏山のシャクナゲを大事に育ててきました。今では約20種、1000本の日本シャクナゲ、西洋シャクナゲが庭を彩ります。花を愛で、ここでストレス解消しませんか。
◇イベント:4月中旬~5月初旬「シャクナゲまつり」
◇周辺スポット:武雄温泉武雄北方ちゃんぽん街道

○住所:武雄市北方町志久3245
○駐車場:あり
○料金:「シャクナゲまつり」期間中 大人500円
○お問合せ:高野寺TEL0954-36-3616 
※参考:武雄市観光協会ホームページ


佐賀県銘木の1つに数えられる「浄徳寺」の日本シャクナゲ。「開花するシャクナゲまつり」期間中はお茶やお菓子のふるまいもあります。


「高野寺」のシャクナゲ園。庭園は2年前に改装されました。本堂には屋根付きの回廊があり、雨の日も間近に花を見ることができます。


武雄市北方周辺はちゃんぽんをはじめ麺類のお店が並ぶ、いわば「ちゃんぽん街道」。ランチに立ち寄ってみてはいかが?

佐賀中部~南部 シャクナゲ・ツツジ・ボタン

日本シャクナゲから八重桜、ツツジと続く 十可苑(じゅっかえん)(佐賀市大和町)

 佐賀市大和町の川上峡沿いにある十可苑(じゅっかえん)は、約1万5,000坪の広い敷地にさまざまな花木が植えられ、春と秋にだけ一般開放されて訪れる人の目を楽しませてくれます。
 4月10日頃から日本シャクナゲを皮切りに、八重桜、久留米ツツジ、平戸ツツジ、西洋シャクナゲと次から次に花が咲いていきます。シャクナゲの数は約1万本。この時期ならではの庭園をどうぞお楽しみください。
◇周辺のイベント:
・開催中~5月15日(日)「第38回川上峡春まつり
・4月23日(土)「道の駅大和そよかぜ館春まつり

○住所:佐賀市大和町大字梅野244-11
○駐車場:あり
○料金:大人600円、中学生以下無料
○お問合せ:十可苑TEL0952-62-0012 佐賀市観光協会 TEL 0952-20-2200 
※参考:佐賀市観光協会ホームページ

日本庭園にボタンが登場! 祐徳稲荷神社(鹿島市)

 佐賀県が誇るパワースポットの一つ、祐徳稲荷神社。日本三大稲荷の一つであり、商売繁盛や勝負運、縁結びなどの祈願に多くの人が訪れます。ここの境内を彩る桜の後に続くのは、ボタン。境内わきの日本庭園にボタンの鉢が並び、情趣たっぷりの景観にあでやかさが加わります。
 神社ご本殿から駐車場を挟んで広がる外苑は、まさに花いっぱい。山一面に咲くツツジやフジが青空に映え、「鎮西日光」の名にふさわしい見事な景色を見せてくれます。
◇周辺スポット:肥前浜宿道の駅鹿島たら温泉道の駅たらふく館

○住所:鹿島市古枝乙1855
○駐車場:あり
○料金:日本庭園は大人200円、高校生以下無料。外苑は無料
○お問合せ:祐徳稲荷神社TEL0954-62-2151 鹿島市観光協会TEL 0954-62-3942
※参考:鹿島市観光協会ホームページ


「十可苑」は春と秋のみ一般公開しています。山の斜面を生かしたシャクナゲやツツジの景色は圧巻。東屋からもぜひ眺めて!


「祐徳稲荷神社」の日本情緒たっぷりの庭園。ボタンが終わった後は、ショウブ、アジサイ、朝顔と初夏の花もお楽しみに。


祐徳稲荷神社は商売繁盛のほかに縁結びの神としても人気。人気の「ご朱印帳」は「あぶらとり紙」のプレゼント付きです。

Tweet