今年はひと味違う 秋のひまわりと紅葉めぐり

今年はひと味違う 秋のひまわりと紅葉めぐり

秋が深まるにつれ、楽しみになってくるのが紅葉めぐり。今年はちょっと趣向を変えて、ひまわりを見に行きませんか?そう、佐賀県東部のとある場所に、秋に満開を迎えるひまわり園があるんです。ギラギラの太陽の下で見るのとは違い、秋空に映える黄色の花々にはしっとりとした趣があります。もちろん県内各地の紅葉スポットの名所もご紹介しますので、今年は休日フル稼働でご堪能ください。

※この情報は2015年11月時点のものです。

開園!10万本の山田ひまわり園

 三養基郡みやき町北部の山田地区。町のシンボルである鷹取山を借景とした静かな山里に、今年も「山田ひまわり園」が開園しました。実はここ、15年前からある穴場のスポット。中山間地の荒廃を招いてはならないと、地元の有志が'秋に咲くひまわり'でインパクトを与えようと植栽したのが始まりです。最初は2万本だったひまわりも、地元の方々の熱心な手入れを重ねて少しずつ本数を増やし、今では広さ約6,000平方メートルの敷地に約10万本が咲くようになりました。
 休耕地の棚田を利用しているため、石垣に囲まれたひまわりを間近に見られたり、展望台から俯瞰(ふかん)で眺められたりと、カメラの出番はあっちにもこっちにも。また、ケイトウも植栽されていますので、黄色と赤の鮮やかなコントラストも加わります。種まきのタイミングをずらして植えられていますが、ただいまどんどん開花中です。


ひまわりは大人の背丈のものや、顔より大きな大輪もあり、迫力や大らかさを感じます。そしてなにより美しい!


見事なケイトウとひまわりのコントラストに引き込まれてしまいます。見る場所によって表情が異なり、まったく飽きることがありません。


夏の猛暑のなか種をまき、ひまわりの成長を見守ってきた「中山間地山田集落組合」の皆さん。「いらっしゃい!」と元気に出迎えてくれます。


ひまわり畑の中や石垣の上など自由に歩くことができます。雨の日やその翌日などは雨靴がベター。晴れた日はお弁当を持ち込んでランチタイムを。


ひまわりの向こうに見えるのは標高約403mの鷹取山。紅葉しているのはハゼの木で、これからもっと鮮やかな赤に色づき、美しさを増します。


園内の一部では1本100円で大根掘り体験を実施。なくなり次第終了となりますのでお早めに。また、棚田米の販売なども行っています。

イベントや周辺の観光スポットも楽しもう

 例年より気温が高いということで、開花はちょっと早まっているとのこと。見頃は11月15日~20日くらいの予定ですが、気温次第で早くなるかもしれません。ピークを外しても、すぐに枯れるわけではありませんので、足を運んでみてくださいね。
 また、大根掘りのほかには、バルーンアートの無料サービスが21日(土)・23日(月・祝)に開催予定なのでお楽しみに。
 さらに、みやき町内には、日本最古の天気予報とされる「旗上げ神事・旗降し神事」で知られる「綾部神社」や、その周辺で売られている名物「綾部のぼたもち」があり、やきもの好きには「白石焼(しらいしやき)」の窯元巡りもおすすめです。


イチョウの紅葉も見どころの綾部神社はひまわり園から車で約5分。風の神様を祀る神社としても知られ、神殿や門構えが古い歴史を感じさせます。


綾部神社のすぐそばに、ぼたもちの老舗が2店あります。綾部のぼたもちの起源は約800年前といわれ、縁起がよく、幸福を招くというありがたいぼたもちです


みやき町皿山、白石神社近くの窯元で焼かれている白石焼。民芸陶器を中心とした親しみやすいやきもので、使うほどに味わいが増します。

■DATA
山田ひまわり園
○期間:開園中~11月29日(日) 10時~16時30分
○場所:三養基郡みやき町大字簑原(山田地区)
○料金:管理・清掃協力金としてお1人様100円
○交通:川久保線(県道31号線)綾部東交差点を北へ車で約3分。
※ひまわり園の駐車場は10台程度。(駐車場無料)
満車の場合は約300m手前の山田水辺公園駐車場(無料)をご利用ください。
○お問合せ:みやき町観光協会 TEL 0942-96-4208 

【佐賀県東部の紅葉スポット】 大興善寺(基山町)・大山祇神社(鳥栖市)・九年庵(神埼市)

 県内で最も東に位置する紅葉スポット「大興善寺(だいこうぜんじ)」は、大規模な紅葉巡りが楽しめる名所。福岡と佐賀の県境、契山(ちぎりやま)のふもとにあり、広大な山林公園「契園」が紅葉の舞台となっています。山の地形を生かし、日本庭園を配した園内はどこを切り取っても絵になる風景。11月20日(金)~24日(火)まではライトアップ、11月21日(土)はJR九州ウォーキングに地元特産品を販売する「ちぎりの里まつり」などイベントも豊富で何度でも足を運びたくなります。
 大興善寺と同じく毎年盛況となるのが神埼市の「九年庵」です。佐賀の大実業家、伊丹弥太郎が明治25年に造った別荘と庭園からなり、毎年9日間だけ一般公開されます。すぐ背後に山をなす約6,800平方メートルの庭園は、鮮やかなモミジとその落ち葉に彩られたコケ類のじゅうたんが印象的。入園整理券を配布する本部テントそばには仁比山公園や仁比山神社があるので散策も一緒にお楽しみください。
 鳥栖市にある大山祇(おおやまずみ)神社は、しっとりとした杜の風情を堪能できる紅葉スポット。境内には「ふるさとの名木・古木」に選ばれた9本を含む巨木が社殿を覆うように茂っています。今年のライトアップは11月21日(土)・22日(日)。神社境内へ続く竹灯籠とともに神秘的な世界を見せてくれます。近くにある「コカ・コーラ ウエスト鳥栖市民の森」でも紅葉が楽しめますのでぜひお立ち寄りください。


1300年近い歴史を持つ天台宗の古刹・大興善寺。イロハモミジを中心に約500本のモミジが各所で色をつけます。


契山は「恋人の聖地」に選定され、カップルたちにも人気のスポット。ライトアップ期間はロマンティックな雰囲気を楽しんで。


本堂の脇に契園入口があり、起伏に富む園内には、夕陽ヶ丘広場や愛の泉、フォトコンテスト作品展示場など多彩な見どころが点在しています。


明治33年から9年を費やし、こだわって造られた庭園。庭の一部からは外界の眺めを見渡せます。


明治期の大実業家が造った数寄屋造りの別荘は、建築そのものにも見応えあり。中に入れませんが、わびさびを感じる空間です。


地元の方々が大切にしてきた大山祇神社。ライトアップに併せてだご汁のふるまいや、音楽のステージイベントもあります。

■DATA
大興善寺
○期間:開園中~12月上旬 8時30分~日没(紅葉ライトアップ期間中は20時まで)
○住所:三養基(みやき)郡基山町大字園部3628
○料金:入園料大人500円、小中学生300円
○主なイベント:
 ・JR九州ウォーキング/11月21日(土)スタート受付8:30から11:00まで(JR基山駅当日受付)
 ・仏教音楽 天台声明公演/11月23日(月・祝)
 ・ちぎりの里まつり(地元特産物販売)/11月21日(土)
 ・もみじコンサート/11月22日(日)
 ・重要文化財特別公開/11月15日(日)~25日(水)
 ・ライトアップ/11月20日(金)~24日(火)17:00~20:00  など
○交通:JR基山駅から車で約7分、九州道筑紫野インターから約15分、長崎道鳥栖インターから約15分 ※11月20日(金)~11月24日(火)・11月28日(土)・11月29日(日)はJR基山駅から臨時バス運行(大人200円、子ども100円、西鉄バス佐賀株式会社TEL0942-83-6027)
○駐車場:あり(300円)
○お問合せ:大興善寺 TEL 0942-92-2627
基山町観光協会ホームページはこちら

九年庵
○期間:11月15日(日)~11月23日(月・祝) 8時30分~16時
○場所:神埼市神埼町
○料金:美化協力金300円(中学生以下無料)
※入園する際は、午前8時頃から本部テント(もみじの湯駐車場)で当日配布する入園整理券が必要です。
※来園者が多くなり、午後4時までに入園の見込みがたたない場合は、整理券の配布を早めに中止します。
※公開期間後半の週末(21日、22日、23日)は混雑が予想されます。駐車場に入場する際にも待ち時間が発生する可能性がありますので、乗用車でお越しの方は早めの時間帯にご来園ください。
○交通:期間中はJR神埼駅南口から臨時路線バス(昭和バス)運行予定(約10分・1時間に2便程度・片道310円)、長崎道東脊振インターから約10分(吉野ヶ里歴史公園臨時駐車場まで)
○駐車場:吉野ヶ里歴史公園臨時駐車場に駐車(約1,000台、駐車料500円)して仁比山公園まで無料シャトルバス(15~20分間隔)利用 ※交通の流れ(PDF)
※九年庵の一般公開に伴い、仁比山公園の駐車場は、有料(身障者専用)となります。
※九年庵は飛び石と階段が多い庭園です。車いすは使用できません。
○お問合せ:神埼市観光協会 TEL 0952-37-0107

大山祇神社
○期間:(ライトアップ)11月21日(土)~22日(日)17時30分~21時
○場所:鳥栖市河内町2180(河内ダムより北へ約1km)
○交通:JR鳥栖駅から車で約15分、長崎道鳥栖インターから約25分
○駐車場:なし ※地元の方々がボランティアで交通案内をしているので、通行にお気をつけください。
○お問合せ:鳥栖市商工振興課 TEL 0942-85-3605

【佐賀県南部の紅葉スポット】 東与賀海岸(佐賀市)

 佐賀市中心街から車で約25分、有明海に望む東与賀海岸では、珍しい'海の紅葉'を見ることができます。海岸線を真っ赤なじゅうたんにするその正体は、「シチメンソウ」です。塩水に耐える塩生植物として知られ、近づいて見てみると、独特の色と形を成す肉厚の葉っぱが密集しています。
 また、一帯の「東よか干潟」は、国際的に重要な湿地として今年の5月に「ラムサール条約湿地」に登録され、話題を集めたスポット。四季を通じて140種類以上の野鳥が見られ、シギやチドリなど渡り鳥の飛来数の多さでも知られています。近くには「干潟よか公園」もありますので、ご家族で自然の美しさに触れてください。


干潟沿いの約1.6kmにわたって群生するシチメンソウ。日本最大規模とされ、有明海とのコントラストはこの場所ならではの眺め。


東よか干潟は水鳥類の中継地、越冬地として国内有数の場所。なかにはクロツラヘラサギなど絶滅危惧種の水鳥もいます。


のんびり過ごせる干潟よか公園は遊具が充実し、子ども達に大人気。展望台からシチメンソウが一望でき、夕暮れ時も素敵です。

■DATA
○場所:佐賀市東与賀町干潟よか公園周辺(公園事務所 0952-45-5366)
○交通:JR佐賀駅から車で約25分、長崎道佐賀大和インターから約45分
○駐車場:干潟よか公園を利用(800台)
○お問合せ:佐賀市東与賀支所産業振興課 TEL 0952-45-1022、干潟よか公園管理事務所 TEL 0952-45-5366(月曜定休)
紅葉状況はコチラをチェック

【佐賀県中北部の紅葉スポット】 清水の滝(小城市)・西渓公園(多久市)・環境芸術の森(唐津市)

 佐賀の小京都といわれる小城市は紅葉がよく似合うまち。秋にはまちのシンボルである「清水(きよみず)の滝」を舞台に紅葉とライトアップを楽しむ「清水竹灯り」が盛り上がりを見せます。落差75mの崖を落ちてくる、別名'珠簾(たますだれ)の滝'と呼ばれる美しい滝、その周辺を様々な演出で灯りを照らす約1万本の竹燈籠。これらが紅葉の自然と相まって映し出す世界には、時を忘れて酔いしれてしまいます。
 小城市の隣、多久市といえば、昔から地元で親しまれている「西渓(せいけい)公園」の紅葉です。毎年恒例の「紅葉まつり」も開催され、隣接する「多久聖廟」も会場にさまざまなイベントが開催されます。普段は中に入れない国登録有形文化財「寒鶯亭(かんおうてい)」の無料開放や、約20のブーズでハンドメイド雑貨や焼き菓子などを販売する「もみじgarden market」など、リピートしたくなる盛りだくさんの内容です。
 唐津市厳木町には、広さ約13万平方メートルを誇る「環境芸術の森」という紅葉の名所があります。作礼山の斜面に約1万本が植樹されたこの場所は、森本来の機能を取り戻そうという想いを込め、私有林を生かして少しずつ整えていった、いわば手づくりの森。好きな散策路を歩きながら、水辺や石畳などの風景と出合い、紅葉の限りない美しさを堪能できます。


幻想の世界に迷い込んだような気分になる清水竹灯り。期間中は毎日無料シャトルバスが運行されるのでぜひご利用ください。


竹燈籠の意匠は多彩で、場所によって雰囲気が異なります。存分に堪能したあとは、周辺の鯉料理店であったかいお鍋をどうぞ。


同時開催イベントの「2015小城あったかフェア」では、鯉料理店でお鍋を提供。名物の鯉のあらいとのセットもあり、どんな鍋かはお楽しみ!


多久市の実業家・高取伊好(たかとりこれよし)により整備された由緒ある西渓公園。園内は約400本のモミジに彩られます。


西渓公園から徒歩約10分の多久聖廟。14日(土)、21日(土)、22日(日)の3日間限定で「聖廟秋の特別一般公開」を開催。


園内には寒鶯亭のほか、郷土資料館、先覚者資料館、歴史民俗資料館などがあり、歴史と文化をじっくり味わうことができます。


見事な再生を果たし、森の澄んだ空気と自然の中での安らぎを提供している環境芸術の森。折りに触れ訪れたい場所です。


紅葉のトンネルや庭園の池、樹齢400~500年というカエデの大木など、美しい景色の連続。頂上の展望所も行ってみよう。


森林浴で十分にリラックスでき、自分も自然の一部になったような心地よさがあります。日頃の忙しさはすべて忘れ、思いっきり深呼吸を!

■DATA
清水竹灯り
○開催期間:11月15日(日)~23日(月・祝)18:00~21:30 
※清水竹灯りは雨天でも開催します。
※雨天時は足元が悪くなります。すべりにくい履物でお越しください。
○協力金:500円(中学生以下無料)
○交通:長崎道佐賀大和ICから車で約20分 JR小城駅から車で約15分
○駐車場:小城公園周辺(約400台収容可能)
※期間中は毎日無料シャトルバスを運行 (シャトルバス停留所は小城公園東側入口)
※11月21日~23日のみ「ボートピア三日月」に臨時駐車場を もうけ、シャトルバスを随時運行します。
○お問合せ:清水の滝ライトアップ実行委員会(小城市商工観光課内)
TEL 0952-37-6129
小城市ホームページはこちら

西渓公園・多久聖廟
○期間:11月14日(土)~23日(月・祝)10:00~17:00
○場所:西渓公園(多久市多久町1975-1)、多久聖廟周辺(多久市多久町1837-1)
○料金:入園無料(一部有料イベントあり)
○主なイベント:
 ・趙 勇(ちょうゆう)氏の揚琴コンサート、和太鼓演奏、獅子舞演舞などオープニングイベント/11月14日(土)※揚琴コンサート先着100名に「多久まんじゅう」をプレゼント
※オープニングイベント先着80名様には学問の木と呼ばれる「楷樹」の苗木をプレゼント。
 ・もみじgarden market/11月21日(土)、22日(日)
 ・秋のわくわくワークショップ/11月23日(月・祝)
 ・多久聖廟特別一般公開/11月14日(土)、21日(土)、22日(日)10:00~15:00
 ・寒鶯亭一般開放/期間中の毎日 
 ・特別企画展「多久市の恵比寿さん大黒さん展」/会場:西渓公園内多久市郷土資料館
 ・JRウォーキング/11月21日(土)
○交通:JR多久駅から車で約10分、長崎道多久インターから約15分
○駐車場:多久聖廟大駐車場を利用(土日祝のみ、多久聖廟大駐車場~西渓公園間を無料シャトルバスが運行)
○お問合せ:多久市観光協会 TEL 0952-74-2502、多久市商工観光課 TEL0952-75-2117

環境芸術の森
○期間:8時~16時30まで
○住所:佐賀県唐津市厳木町平之667
○料金:美化協力金大人500円
○交通:長崎道多久インターから約30分(インター下車~国道203号(唐津街道)牧瀬IC入口~国道203号沿いの「道の駅厳木」~「きゅうらぎ温泉 佐用姫の湯」へ。同湯から約5分)
○駐車場:普通車50台 バス30台
○お問合せ:環境芸術の森 TEL 0955-63-2433

【佐賀県西部の紅葉スポット】 御船山楽園(武雄市)・有田五大紅葉(有田町)

 武雄温泉から車で5分ほどの「御船山(みふねやま)楽園」は、15万坪の敷地に造られた大庭園を散策しながら紅葉を鑑賞できる名所。12月6日(日)まで紅葉まつりが開催され、極彩色の昼の景色、そしてライトアップされた別世界の夜景色をバリエーションに富む眺望で味わえます。最も紅葉が密集したひょうたん池周辺や、樹齢170年の大モミジなど見どころは尽きません。
 武雄温泉からさらに西に進めば、有田町の5大紅葉が楽しめます。代表的なのが、樹齢1000年といわれる泉山弁財天の大公孫樹(大イチョウ)。そして有田町歴史民俗資料館の紅葉、泉山磁石場の紅葉が隠れたスポットとして親しまれています。それぞれライトアップも予定されているのでお楽しみに。そのほか、陶山神社の紅葉や、神秘的な渓谷美をたたえる竜門峡の紅葉がきれいです。
 また、現在好評開催中の「有田まちなかフェスティバル(11月30日まで)」や、11月15日(日) ~ 23日(月・祝)まで開催される「秋の有田陶磁器まつり」など、この時期の有田はイベントの宝庫。毎日が行きどきです!


御船山のふもとに広がる、まさに楽園のような秋景色。起伏に富む地形を生かして小路が通り、池に映るモミジがまた格別な味わい。


造園時から池の畔に建ち、趣のある「萩野尾御茶屋」。縁側からの眺めもしっとりとした味わいがあります。抹茶と串団子セットを販売中。


ライトアップ「たまゆらの夕べ」は、約4万坪の日本最大級といわれる規模で訪れる人を魅了。自分史に残るライトアップになるかも。


国の天然記念物に指定されている大公孫樹は町のシンボル。高さ40m、幹回り12mを誇る巨木が黄金色に輝く様は圧巻です。


日本磁器発祥の地・泉山磁石場では、約500本の紅葉が色づきます。通常は立ち入り禁止ですが、陶磁器まつり期間中のみ開放されます。


秋の有田陶磁器まつりでは、期間中22軒の飲食店が限定メニューを用意。食と有田焼とまち歩きも丸ごとお楽しみください。

■DATA
御船山楽園 
【紅葉まつり】
○期間:開催中~12月6日(日)8:00~17:30 ※雨天開催
○料金:入園料大人600円、子ども(小学生まで)300円
【たまゆらの夕べ 日本最大級の紅葉ライトアップ】
○期間:11月7日(土)~11月29日(日)17:30~22:00 ※雨天開催
○料金:入園料大人600円、子ども(小学生まで)300円(「紅葉まつり」との共通券大人900円、子ども400円)
○住所:武雄市武雄町武雄4100
○交通:JR武雄温泉駅から車で約5分、長崎道武雄北方インターから約15分 ※JR武雄温泉駅北口から無料シャトルバス運行(11月7日~11月29日の土・日・祝、1時間に3往復予定)
○駐車場:あり(無料、150台)
○お問合せ:御船山観光ホテル TEL 0954-23-3131 御船山楽園ホームページ

有田五大紅葉
○泉山弁財天の大公孫樹/ライトアップ期間:11月15日(日)~11月23日(月・祝) 18:00~20:00 
お問合せ:有田観光協会 TEL 0955-43-2121
○有田町歴史民俗資料館の紅葉/ライトアップ期間:11月21日(土)・22日(日) 18:00~20:00
お問合せ:有田町歴史民俗資料館 TEL 0955-43-2678
○泉山磁石場の紅葉/ライトアップ期間:11月21日(土)~23日(月・祝) 18:00~20:00
お問合せ:有田磁石場組合(有田町商工観光課) TEL 0955-46-2500
○陶山神社
お問合せ:陶山神社 TEL 0955-42-3310
○竜門峡
お問合せ:有田観光協会 TEL 0955-43-2121

◎有田まちなかフェスティバル
○開催期間:開催中~11月30日(月)
○有田町内各所
ホームページはこちら
ココイコプラス11月号も要チェック!
◎第11回秋の有田陶磁器まつり
○開催期間:11月15日(日) ~ 23日(月・祝)
○有田町内各所
「第11回秋の有田陶磁器まつり」ホームページ
じもとグルメリーフレットはこちら(PDF形式:1.64MB)」
有田観光協会ホームページ

Tweet