イベントカレンダー

第30回 脊振千坊聖茶まつり

イベントタイトル 第30回 脊振千坊聖茶まつり
イベント期間 2018年5月20日(日)
市町村名 吉野ヶ里町
場所 吉野ヶ里町各所
アクセス 長崎道東脊振ICから約一分
【駐車場:有(吉野ヶ里町役場東脊振庁舎付近に臨時駐車場開設)】
イベント会場までシャトルバスが運行しています。
内容  吉野ヶ里町は日本茶樹栽培の発祥の地で、1191年に臨済宗の開祖・栄西禅師が中国から茶の種を持ち帰り、吉野ヶ里町の山中にある霊仙寺に蒔いたのが、日本の茶栽培の始まりとされています。脊振千坊聖茶まつりは、その栄西禅師の偉業を偲び、この町が日本で最初にお茶が栽培されたところという史実を活かし、茶栽培の発展、地域活性化をめざしてはじまりました。今年は3年に一度の大祭で、霊仙寺跡では茶摘み体験、道の駅吉野ヶ里さざんか千坊館やひがしせふり温泉山茶花の湯では新茶フェア、その他の周辺施設でも、お茶にまつわる催しを行う予定です。
お問い合わせ 脊振千坊聖茶まつり実行委員会事務局(商工観光課内)
電話番号 0952-37-0350
ファックス