清水の滝(小城市)

清水の滝(小城市) 嘉瀬(かせ)川に流入する祇園(ぎおん)川の支流、清水川の上流部にあり、別名「珠簾(たますだれ)の滝」とも呼ばれます。幅13mの清流が落差75mの崖を垂直に落ちてくるさまは豪快でありながら、美しさを感じさせます。滝の傍らにある碑は、肥前国主6代鍋島宗教(むねのり)公が大病を患った時、病気平癒を祈願して滝にうたれ凍死した藩士倉永清雄をたたえたもの。この碑は天明7(1787)年に建立されたものですが、そのころから滝みそぎが広まったそうです。古くから、観世音菩薩信仰で有名な滝で、滝壺の降り口にある清水観音宝寺院は滝うけ行の霊場になっています。毎年土用丑の日には大勢の参拝客が訪れます。滝の水は全国名水百選にも選ばれたほどの清流で、その清流にさらされた鯉を使った鯉のあらいや鯉こくなどの料理は小城の名物として知られています。

●交通
 JR駅からの場合…JR唐津線小城駅から、タクシー利用で15分
 マイカー利用の場合…長崎自動車道佐賀大和ICから車で25分
 バス利用の場合…佐賀駅バスセンターから、昭和バス多久・小城・唐津行き乗車、バス停小城下車、タクシー利用で10分
●見学自由
●駐車場 30台無料
●問い合わせ先 小城市商工観光課 TEL 0952-73-8813