雄淵・雌淵(おぶち・めぶち)公園(佐賀市富士町)

雄淵・雌淵(おぶち・めぶち)公園(佐賀市富士町) 古湯温泉と熊の川温泉の中間地点に位置する、美しい奇石の渓谷が、雄淵・雌淵渓谷です。駐車場から階段で下りていくと、見えてくるのが巨大な一枚岩の上を流れ落ちているエメラルドグリーンの水。四季折々の変化に富んだすばらしい自然景観の中、大小の奇石が折り重なるように連なっています。雄淵は、その昔イカダ流しの難所と恐れられ、何とも神秘的な雰囲気を漂わせている水面下の洞窟は、いまだかつて誰も入ったことがないと言われる秘境です。一方雌淵は、今では砂が堆積して砂州ができてしまっています。近くには、日中友好に多大の貢献を残した中国の文学者、郭沫若(かくまつじゃく)が、故郷の四川省に似ていると頻繁に訪れたことから、彼の記念碑が建てられています。また、景色の美しさを引き立てる朱塗りの鳴瀬橋は一見の価値があります。

●交通 JR駅からの場合…JR長崎本線佐賀駅から、タクシー利用で30分
 マイカー利用の場合…長崎自動車道佐賀大和I.Cから、車で15分
 バス利用の場合…佐賀駅バスセンターから、昭和バス古湯、北山行き乗車。バス停「鮎の瀬」下車、徒歩20分
●駐車場 有10台(無料)
●問い合わせ先 佐賀市富士支所 TEL 0952-58-2860

上にもどる