神野公園隔林亭(佐賀市)

神野公園隔林亭(佐賀市) 桜の名所として有名な神野(こうの)公園。その中にある「隔林亭(かくりんてい)」は、佐賀藩十代藩主鍋島直正(閑叟公)の茶室として建てられたものです。当時は、フルベッキや大久保利通が来訪するなど佐賀の迎賓館的機能を有していましたが、老朽化のため1960年解体されました。20数年後「隔林亭文書」が発見され、わずか一枚の写真と古図をもとに、平成5年に復元されました。多布施川から清流を引いた池、松や梅などの緑が鮮やかな池泉回遊式の庭園が趣深いものです。現在は茶会も開かれ、市民の憩いの場として親しまれています。

●交通
 JR駅からの場合…JR長崎本線佐賀駅から、タクシー利用で15分
 マイカー利用の場合…長崎自動車道佐賀大和I.Cから車で30分
 バス利用の場合…佐賀駅バスセンターから、佐賀市営バス医大行き乗車。バス停「神野公園」下車すぐ
●入場料 見学無料
●開場時間 9:00~17:00
●休日 月曜日(当日祝祭日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
●駐車場 有(無料)
●問い合わせ先
 佐賀市みどりの課 TEL 0952-40-7162
 隔林亭 TEL 0952-32-4092

上にもどる