「佐賀の美しい情景」の絵葉書の第2弾を制作しました

 一般社団法人佐賀県観光連盟(会長:山口祥義)では、現地の外国人や佐賀県を訪れた外国人観光客等に、佐賀の好印象とともに観光情報を発信してもらい、佐賀県の認知度向上及び観光客の誘客を図るため、今年度、フォトグラファーが撮影・厳選した「佐賀の美しい情景」の絵葉書を制作することとしており、この度、その第2弾となる8枚の絵葉書が完成しました。

20170106.jpg

<第2弾リスト>

1 レンコン畑 LOTUS FIELDS/SHIROISHI TOWN
2 吉野ヶ里歴史公園 YOSHINOGARI HISTORICAL PARK/YOSHINOGARI TOWN
3 楼門 ROUMON TOWER GATE/TAKEO CITY
4 浜野浦の棚田 HAMANOURA TERRACED RICE FIELDS/GENKAI TOWN
5 筑後川昇開橋 CHIKUGO RIVER LIFT BRIDGE/SAGA CITY
6 鹿島ガタリンピック KASHIMA GATALYMPIC/KASHIMA CITY
7 市村記念体育館 ICHIMURA MEMORIAL GYMNASIUM/SAGA CITY
8 虹の松原 NIJINOMATSUBARA PINE GROVE/KARATSU CITY

 また、佐賀県観光情報ポータルサイト「あそぼーさが」の「HERE WE ARE」(絵葉書プロジェクト)で紹介している「佐賀の美しい情景」(画像)に、メッセージを添え、メールで送れる機能を追加しました。
 今後は、パソコンやスマートフォンから、メッセージとともに「佐賀の美しい情景」を手軽に送ることができます。


(参考)

絵葉書プロジェクト

1 プロジェクト名

Regards, Saga.
手紙の最後にくる枕詞、日本でいう敬具に当たる言葉。手紙などのよろしくとのあいさつ。他に「尊敬」「配慮」「思いやり」の意味、動詞では「見る」「考える」「思う」で使われています。
ここではポストカードの文末に添えるようにタイトルを見せることで、枕詞としての「よろしく」のニュアンスを出し、佐賀県を擬人化したものです。

2 キャッチコピー

HERE WE ARE.
一般的には「さぁ、着きました」「さぁ、どうぞ」「私たちのほしかったもの(場所)がここにありますよ」という時に使われます。
「Here you are」も同意語ではあるが、WEにすることで、招く側招かれる側という垣根を超えて私たちの場所というニュアンスの意味にもなります。

3 制作する絵葉書

県を代表する観光地や観光資源のほか、あまり知られていない佐賀の美しい情景
 ・県を代表する観光地や観光資源 12種類
 ・あまり知られていない佐賀の美しい情景 12種類

海外観光プロモーションの際や、多くの外国人観光客が利用される県内の旅館・ホテルにおいて、外国人観光客等に対しプレゼントします。
※第3弾のリリース予定:3月上旬

<フォトグラファーの紹介>
水田秀樹氏
1986年佐賀県神埼市生まれ。旅写真家。
国内メーカー退職後、1年4ヶ月にわたる海外放浪の旅へ。
旅をしながら独学で写真を学び、世界の絶景から人々の日常にいたるまで幅広く撮影。
National Geographic国際フォトオンテストにて奨励賞を受賞。
現在、県観光WEBSITE「さがごごち」フォトスタッフ